2021年10月01日

ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・

image

モニターが乱れてしまい、まったく確認できません。

image

踏んでしまった、ミラーレス一眼カメラ。 レンズは、35mmマクロ(近接)
マイクロフォーサーズのセンサを搭載し、幅10cmに満たない超小型。
なんと電子ファインダー(EVF)付き。

image

画像は出ないものの、メニューは表示できる。
ということは、液晶表示部はOK。

しかし、そうするとセンサがだめ。かー 修理依頼かな。
踏んだショックもあり、しばらく放置ののち、分解に挑戦。

image

外せる部分を外してみるしかない。

・踏んだということは、レンズと筐体の根元に無理な力(変位)が生じた。

・画像の乱れ方から想像すると、接触不良。

ということから、コネクタの接続不良を疑う。

image

センサ(撮像素子)付近のコネクタ2個所を外して、付け直してみた。

 

image

コネクタは繊細(電極数が多い)なので、気を使う。
ラッチ(止め部)が折れやすい。

image

ほかに出来ることもないので、組み立てる。
元通りになるか・・

  image
おっ 何か見える。

image

やったー 直った。

image

12mmレンズを付けてみた。
愛着がわきます。 だいじにしよう。 DMC-GM5

posted by 家庭用品修理士隊 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189034040
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る