2021年12月12日

ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好

image

真ん中からポッキリ折れたメガネ(凸レンズ、近業用、老眼鏡)

手元の作業をするときに拡大視できて便利。
安かったので、度の違うものをいくつか買っていました。

先日使おうとしたら、ポキッという感じで折れてしまいました。
別のメガネで、あー弦(つる)の部分は柔軟性があるプラスティックなんだーと確認。
レンズは硬質プラスティックでー レンズ枠がー これはアクリルかなー と、少し曲げたらこちらもポキッ。 経年劣化が来ています。

ありゃー。 たまにしか使わないけれど、ないと不便。
レンズは問題ないし。買い換えるのはくやしい。
修理しよう。

image

目の間隔は、約70mm。

金属枠をつけるか。板をネジ留めするか。接着剤ではすぐ割れるし。

image

それで使えるのでは?と ピンときたのが傘の修理部品。
以前買っていたものの、壊れる折りたたみ傘には使えないものばかり。

image

これのサイズ感がメガネの中央に合いそう。
レンズの部分にかかる金属部を押し曲げると、抜けません。

image

修理後のメガネ

さすがに傘を修理できる金属(軟鉄)なので、しっかりしていて実用強度が十分にあり。
しかも金属部は、鼻にあたらない微妙な位置に。 いいじゃんこれ。

image
ついでに、折れていないもう一本にも補強で使用。
壊れる心配がなくなって、ちょっと満足感。

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189196372
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る