2021年12月25日

AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。

古いテーブルタップ。 以前から気にはなっていたのですが、差し込んだプラグがすぐ抜ける。
ようするにガバガバ状態。 まあいいかと思っていたのですが、差し込んでいた電気スタンドが、ちょっとしたコードの動くでパカパカ消えるようになりました。


ACプラグの差し込みが甘すぎる。ゆるすぎる。 これは立派な故障。


電気スタンド程度の電力(100W以下)では消える程度ですみます。
ところがヒーター系(暖房、湯沸かしなど)ではプラグの差し込み部分が発熱します。

修理(差し込みを固くする)

電源タップは捨てられているのを見たり、5年で寿命などという情報もありますが、修理できないか。 やってみよう。

ネジ3本緩めてパカっと外すと、プラグ差し込み部分の板電極が見える。
右側は、ネオン管と、ノイズフィルター。ちょっとした雷電保護もしてくれそう。

板バネを良くみると、ポツンと見える潰しの部分(凸部)が右側では甘い(弱い)。
これではすぐ抜けても仕方がない。 経年変化というより、製造時からのものだろう。
これを強く(凸部を大きく)すれば抜けにくくなると予想できる。

修理道具。 こんなに大げさなものは不要ですが、大は小を兼ねます。
ハンマー、ポンチ(先が極端に尖っていないもの)、バイス(万力・まんりき)

突起の部分だけ叩くには、土台が必要。 適当なネジの頭をバイス(万力)で挟んで、そのくぼみをつかいます。

最初は土台なしで潰(つぶ)してみたのですが、打ちにくいし周りが変形します。

潰す相手(電極)は、やわらかい金属(しんちゅう)なので、軽く叩けば十分。

組立時の注意は、ネオン管と、サージプロテクタの収まる位置。

修理後は、びっくりするくらい差し込み感が良好に。
パチンという音がしっかりします。
これで簡単には抜けなくなりました。 ということは、電気的にもしっかりと結合しているということです。
接触抵抗が小さくなるので、大きな電流が流れても発熱しにくくなります。

posted by 家庭用品修理士隊 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189225830
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。


タグクラウド
ページトップへ戻る