2022年05月05日

自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分

image

家の整理をしていたら、出てきた空気入れ。
あらー 長く自転車を使っていなかったので、いつのまにか存在すら忘れていた空気入れ。
捨てるにも粗大ごみ。 面倒だなー

image

分解しても小さくはならないし。

相当前に買ったと思うのだけれど、覚えていない。
どういう基準で購入したか。

それにしても異様に軽い。

あれ??これは樹脂製だ(プラスティック)
それにしては、劣化がない。

先端を含めすべて樹脂製だ。
それなら切れるのでは?

image

ということで、小さなのこぎりで切ってみました。

image

切断はサクッと2分もかかりません。

image

パッキンもしっかりしていて、空気漏れなし。
良い製品でした。

image

燃えるゴミで出しました。
いままでありがとう。


オール樹脂製空気入れ。

posted by 家庭用品修理士隊 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189513502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る