2022年10月28日

ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。

中古で買ったノート PC ですが、2in1の軽量高性能タイプです。

image

不具合状況 : 異様に熱い。

内蔵メモリーを8 GB から40 GB に大幅拡張。
メイン機として使っていこうと思っていました。
ところが電源を入れるとすぐに底面が異様に熱くなります。
20年前などはこういう感じのノートパソコンもありましたが、今はそういう時代ではないはず。

特に性能が落ちるとか、電池の持ちが悪くなるといった感じはないのですが、とにかく異様に熱い。
バッテリー動作でさえすぐに熱くなる。
あと気づいた点としては、外部ディスプレーをつなぐと、ファンが高速回転する。

対策: 排熱を改善できないか検討。

image

底面のネジを外せばパカッと外れました。
ネジの数は多いのですが、マグネシウム製のためか外しやすいほうだと思います。

image

何をしようとしているかと言うと、熱くなるのは CPU 。
この部分を冷やす、いわゆるヒートシンクを外して接触状態を見てみようと思います。

なにか不具合があるかもしれません。

image

CPUクーラーは、ヒートパイプ、排気ファンと一体で外れます。

するとここで何かおかしいと感じました。
CPU の部分に熱を伝えるペーストが付いて残っているのですが、右側の黒い部分にはそれが見当たりません。

おかしいな。
CPU の中に島があるのは普通で、 小さい方はグラフィック担当の CPU だという認識があります。
( CPU Core(TM)i7-8565U@1.80GHz )

image

そこでヒートシンクを裏返して当たり具合を確認してみました。

すると明らかにおかしいと感じました。

大きな島の部分は確かに接触していますが小さな島(1)の方には全く接触していないどころかヒートパイプの黒色(2)で絶縁されています。

写真の左側の方が逆に余っていて本来この余った部分(3)が小さな島(1)の方に位置しているはずだと思われます。

しかしネジの部分は合っているので何らかの不都合でしょうか。

ヒートシンクの型番の違いか、それとも CPU の配置の設定の問題か。

いずれにしてもこのままでは小さな島の部分は、全く熱伝導が無い状態。
わずかな隙間から空気に熱放散されるだけです。

image

不具合説明断面図:第1の島(LAND)とヒートシンクとの間に隙間(Crealance)があり、全く熱伝導されない状態。

改善策: 隙間に銅板を追加

image

対策として、小さな島の部分がヒートシンクに接触するように銅板で隙間を埋める。
これにより小さな島部分が熱伝導しヒートシンクに熱吸収させるようにする。

image

50mm X 50mm 厚さ0.1mmの四角形銅板を、二度折りたたむ。
ヒートシンクとの当たり高さが、大きな島と同じになるように調整。

image
ヒートパイプ部分に銅板が直接接触するように塗装(テープ)を削り取る。
そして、サーマルペースト(導熱クリーム)を塗る。

image

銅板(Cupper Seat)を挿入した部分の説明図

image
この処置により、底面は熱くなくなりました。
体感で極端に温度低下を感じます。
起動時にはファンが回らない状態まで改善。

参考:他のPC

image
参考のために別のノートPCのCPU放熱部を見てみました。
この場合、二つの島はどちらもしっかりヒートシンクに接触していました。
これが正常だと思います。

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
ファン交換されているものかもしれませんね。

ノートPCのファンは稼働率が高く、
ファン軸の異音発生故障が多いです。
時折、ファン交換修理をしています。

きっとバージョン違いの物を装着したかと思います。
早くに気づかれてよかったですね!!

ノートPCは自作のファン冷却台を使用して、
ほとんど内蔵ファンを回さずに使っています。

ノートPC 加熱破損のIC交換は、辛いのなんのって、
やりたくない修理の筆頭です。
Posted by おじさん at 2022年10月30日 19:50
おじさん さん
なるほど。 ファン交換がされていたという想定は考えつきませんでした。それでしたらありえますね。
ということは、小さな島に接触しないことを知っていて修理完了にしたのかな・・・だめじゃん。
Posted by 墨田のY at 2022年11月20日 22:20
追記:ファンレス化とか、IC交換とかすごいですね。私も改造・改良は大好きです。
コメントありがとうございました。
Posted by 墨田のY at 2022年11月20日 22:57
PCに限らず、現代の家電や機械の部品集積・密集率はすごいですよね。旧いノートPCなど分解すると、そのスカスカ感に笑っちゃいます^^)。
Posted by 鍛冶屋 at 2022年11月22日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189894520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る