2012年08月09日

携帯ラジオのレシーバー破損

破損といっても自ら外的な圧力を加えたりした覚えは全く無く、ごく普通に使っていたのにレシーバーのプラ部分が
割れてきて剥がれてしまいました。
コード巻取り型ラジオの自分が想定している故障は、多分コードの内部断線か巻き取り機構の不具合だろう
と思っていたのですが、想定外でした。
 
薄型ラジオなのでレシーバーの頭部分も薄型にする必要性から、プラスチックの厚みを制限せざるを得なかった
のでしょうけど、何しろレシーバー巻取型なのでレシーバーのみ交換修理に出せば本体が購入できるぐらい摂られ
そうです。
 
始めは剥がれたプラ部分をセメダインなどでくっつけて対応していたのですが、じきにまた別のところが剥がれてきて
今後このような対症療法を繰り返すのは無理な事がわかりました。
 
そこで思いきって全部頭部分のプラスチックを剥がしてしまい、プラリペアを数度にわたり盛ってなんとか再度使える
ようになりました。   
頭が少し大きくなってしまい外観および収納性は少し劣りますが耳に挿入したフィット感はオリジナルよりいい感じです。
ドアミラーと同様に、オリジナルの設計に問題があると思いますが、ソ○ーさんいかがですか?
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:58 | Comment(1) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
この種のラジオって最近売ってますか?
便利なんですよね。 線が邪魔にならないし。
ここでもプラリペア登場ですね。
Posted by 墨田のY at 2012年08月10日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る