2012年08月12日

邪魔な丸テーブルを切って角テーブルに

結構大きな丸テーブルを買って部屋に置いたのですが。
結局、丸は使いにくいことがわかり、別の部屋に置いたのは良いのですが、
邪魔ですね。 使わないと。
しかし、処分しようとするとその大きさから運ぶのもたいへん。
オークションでもほとんど無価値とされてしまいます。

それなら、いっそ切って処分しようと、まず角を切ってみました。
すると、意外にも普通ののこぎりで綺麗に切れます。

あれ。 コンパクトなテーブルになりそうです。

クリップボード1.jpg
(1)切断線を引く。
ついでに大きなカッターで傷を付けます。(映像)
 
クリップボード2.jpg
(2)のこぎりで切りはじめ。 (映像)
 
Outlook.bmp
(3)切り終わり。 (映像)
 
意外に切り易かったのは、テーブルの木は無垢ではなく、成形材(圧縮成型木材)だったからだと思います。
厚い木材だから、電動ノコギリが無いと無理だろうと思っていたのですが、高さが切りやすい位置にあったこともあって、本当に簡単に決断できました

テーブルクロスなど敷けば、丸テーブルを切ったとは全く思えません。
Outlook.bmp
シックな感じになりました。 部屋が随分広くなりました。
ヒンジをつけて、切った部分を垂れ下げておけば、必要なときに広いテーブルにできるかもしれません。
 
使った工具↓
 

posted by 家庭用品修理士隊 at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
いや〜 思い切りがいいですね。
黒檀か紫檀のテーブルでは無い様なので、ほどほどの物とは思いますがバッサリ切っちゃいましたね。  でも一旦手をつけると引くに引けませんよね。(のこぎりは引いてますが)
カンナかけなくて大丈夫なんですか?
自分はせいぜい丸椅子の脚を短くしたぐらいの経験しかありませんが。
のこぎりと言えば、スカイツリーで氷柱をつくるというコラムのときに精密のこぎりというものが
出てきましたが普通の、のこぎりとの相違点って歯が細かいぐらいなんですか?
Posted by 横浜のT at 2012年08月12日 14:13
いやー 捨てるしかなくて、価値も無いとわかったら地球に返してあげるのに躊躇はありません。 スペースの方がよほど貴重だと思います。
断面は、なんにもしませんでした。 切口がラフな方が、味があるんですよ。
http://ipwo.kilo.jp/shop/photo/table_cutting_surface.jpg

精密のこぎり(http://goo.gl/nIF5F)は、ピラニア(商標出願2012-043201中ですね。)とか言われるもので、そうとう昔に購入したものです。
ZONA PIRANHAN SAW (MADE IN USA)というラベルが貼ってあります。

歯が細かいので、切断時のバリが出ません。 プラスティック、木材、軟金属OKですね。
小鳥の止まり木を普通にノコで切ろうとしたら、とんでもなく硬くて驚いたことがあります。
そのときも結局ピラニアで切断しました。
かごに嵌めこむ部分とか、細かい細工も必要でしたし。
精密加工に有効なツールだと思います。
Posted by 墨田のY at 2012年08月12日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57547929

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド