2012年08月16日

掃除機の床ブラシが回らない

掃除機の先端の集塵用床ブラシが回らず、掃除がしにくいというトラブルが発生。
さあ、家庭用品修理士隊の出番です。
この手の掃除機は、床ブラシを床に押し付けるとローラーに付随しているMICRO SWが働いて赤のLEDの点灯と共に集塵
モーターが作動しブラシが回転してゴミを吸い込むのを助けるというものでモーター用の配線が掃除機本体から2本きています。
 
 
下方のローラーが押し付けられるとMICRO SWがONとなってLEDも点灯する仕組み。
 
 
 
床ブラシに押し付けられる度にMICRO SWが働く仕組みなので、SWがへたっているかもしれないと思いTESTERで導通試験
をしたがOKでした。
 
 
どうも怪しいユニバーサルジョイント周辺の配線
 
 
当初見掛けは断線してるようには見えませんでしたが、手で配線を引っ張ってみると軽く切れてきました。
どうもユニバーサル部に配線が挟み込まれていたようで繰り返し応力で導体が切れていたようです。
 
 
手持ちの電線にて張り替えて修理完了です。
購入履歴を見たら2001年に購入した掃除機でした。  先日はプラ部分の欠損をプラリペアで修復しましたけど。。。
買い換えればまた数万かかってしまいますので、修理できて本当に良かった。
でももういくらなんでも寿命かもしれませんね。
最近の掃除機は床ブラシに専用モーターというものをまだ使っているんでしょうか?
この方式は本体から電線を床ブラシまで配線しなければならないのでまず確実に今回のようなトラブルは発生するのでは??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57618542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る