2012年08月23日

古いタイプの歩数計がカウントしない例

 もう今では、こういう古いタイプの歩数計は売っていないかもしれません。
 
中の錘(おもり)が歩く際に揺れて、スイッチを押すタイプです。
この歩数計(万歩計)は、いくら振っても1からカウントしなくなっています。
 
 
 中には、電池と錘機構が見えます。
 表示しているのですから、電池を替えても意味はありません。
 
 カウントスイッチの接点に、腐食(緑青)が見えます。
 
 ドライバの先端で、腐食を除去します。
 
 後は、綿棒にアルコールを付けて接点を清掃します。
 
 腐食除去後です。
 
 接点を短絡させる、錘側の電極も清掃します。
 
 
 これで、正常にカウントするようになりました。
 
錘式は、単純な構造なので、本当に歩いたと実感できる点が好きです。
 

 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
万歩計そういえば自分も持っていたハズと思い探したらありました。
錘式の旧型? 液晶が消えていたのでもう駄目かと思ったら電池を
交換しただけで他に異常なし。
錘式が旧式だということも全く知りませんでした。 最近のは3DGセンサー
式ですか。  万歩計は相当以前に少しブームになった時期があったような
記憶がありますが、肝心の歩くという実行が伴ってませんでした。
最近は取説もこういう簡単なものはパッケージに、じかに印刷されているもの
が一般なのでキチンとファイルでもしておかないと直ぐどこかにいったのか
判らなくなってしまいます。
Posted by 横浜のT at 2012年08月24日 23:56
3D Gセンサーになると、歩くということだけでなく、運動量を測定する感じですね。
歩数計ではないような気がします。

説明書ですか。 ネット出てくると思うと捨てちゃいますね。
Posted by 墨田のY at 2012年08月25日 05:42
今日の朝日のbeの特集は歩数計でした。
売れ筋トップはyamasのMK-803という錘式の万歩計で、MK-365
の後継機のようですが外観の相違はありません。
まだまだ、錘式が歩数計としては一番のようです。
しかし、こう連日の猛暑ではちょっと外に出ること自体が・・・
Posted by 横浜のT at 2012年08月25日 14:55
ほー MK-803(http://goo.gl/60zfO)って、まさに写真のタイプなんですね。
スタンダード製品ですね。
スタンダード的な歩数計がないと、10000歩歩いたといっても信じてもらえませんよね。
歩数計を2つ付けて歩くと、絶対一致しませんから。
Posted by 墨田のY at 2012年08月25日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57754488

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る