2012年08月27日

イヤホンのパッド紛失対策(糸で落下防止)

イヤホンには、様々な商品があります。
最近はインナーイヤー式が当たり前になって、電車のなかで他人の聞く音楽から発するシャリシャリ音を聞かされることがなくなりました。
  耳栓の役割にもなるので、うるさい都会では常に付けていても良いくらいの気持ちで使っています。
ところが、耳にあたるパッドの部分が落ちてしまって、耳に装着できなくなる不便な思いを何度も経験しています。

高級なイヤホンでは、パッドの部分が頑丈にできていて、簡単には外れません。  
しかし、外れなければ良いかというと、それも困ります。  
装着中に不用意にコードを引っ張ると、耳に相当な力が加わって痛いくらいです。  
そのときにパッドの部分が緩いほうが簡単に外れて、耳への負担は少なく、またパッド自体も耳に残ります。  
つまり比較的簡単にパッドが外れた方が、耳への負担を和らげ、同時にイヤホンのコード切れも防止します。 
経験上一番取れやすいでのは、イヤホンをカバンやポケットに入れていて、取り出したときです。
いつの間にかパッドが外れていて、装着時に気づきます。 

そこで、簡単に外れることを阻止するのではなく、外れても紛失しないことを目論(もくろ)みます。
 
効果を試す実験なので、100円のイヤホンを使います。  (音質は携帯ラジオのような感じです。)
(1)糸でパッドの部分を縫う
(2)イヤホンから抜けない程度のループ(輪状)にする。
(3)これによりパッドが外れても、イヤホンより内側のコードに保持される。

 糸の直径がイヤホンより小さいので、パッドが外れても、何処かへ行かず残ります。
R4210730.jpg  
使用時の外観です。     
少し使って様子を見てみたいと思います。
posted by 家庭用品修理士隊 at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57816851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る