2012年08月31日

カセットからMP3への変換

昔から溜まっていた思いで深いカセットですが、捨てるに捨てられません。
しかしカセットレコーダー等は殆ど廃棄してしまって・・・・・・   これからの事を考慮すると
ipodなどで再生できるようにmp3に変換してしまう必要があったのですが、そのためのソフトを用意
してAUDIO CABLEを繫いでということが面倒でそのままでした。
 
先日サンコーというところからカセット本体とUSB CABLEそれにソフト付きで2000円程度の物
が出ているのを見つけ、プレイヤー付きでこの価格で一発でMP3に変換してくれるなら安いと思って
購入してしまいました。
物を入手してみると写真ではまあまあ立派に見えたのですが、ここまでプラにしなくてもという部分まで
徹底的にプラにしてコストダウンを図っていましたが、実用性には問題ないならばと早速試してみた
ところ、AUDIO出力にポツポツという気になるNOISEがずーっと出っ放しで困った事に。。。。。
 
これだからやっぱり安物は駄目なんだなぁ〜 とすぐに後悔しました。
カッセットを交換したりヘッドをクリーニングしたりしましたが駄目なので、サンコーに不良品として送り
返そうと思ったものの、たかが2000円程度なので躊躇し、もういいやバラせるところまでやってみて駄目
ならば解体新書いきでもいいやと思って少しバラしはじめたのですが、案の状ビスは取ってもそこから先
どこをこじっていいものやら??
ところが、途中で復旧してノートパソコンで同じ事をやると今度はNOISEがでません。
 
 
もしかして直ったのかと思ってデスクトップに戻してみるとヤッパリまた駄目です。
おかしいなと思って、本体をタマタマパソコンに近づけるとNOSEがさらに一段大きくなりました。
 
結局原因はパソコン側が出していた訳ですが、付属のUSBケーブルが結構短いものでしたので
それの長さ範囲でいくら本体を移動してもNOISEの影響を受ける範囲を抜け出せないから気が
付かなかった。
 
今は、手持ちのもう少し長いケーブルを使って全く問題なく使えているのでこの価格で2000円
はお値打ちでと一転して満足しています。
 
 
これから先、自分がこの事を忘れてしまうかも知れないのでテプラで注意書きを貼っておきました。
でもやっぱり作りがちゃちだからこれで何本くらいカセット消化できるのか???
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
わー これは貴重な情報ですね。
アナログとデジタルの接点で起こる特有の問題のような気がします。

トランジスラジオでは、テレビをつけるとビービーと雑音がでることを肌で知っています。
デープレコーダーでは、よほど強い電磁波がパソコンから出ていたのでしょうか。

原因を突き止められたことで、急に安物が貴重な装置に昇格して、冤罪で処刑される寸前のテープレコーダーもホッとしていることでしょう。
Posted by 墨田のY at 2012年08月31日 20:08
PICK UP HEADに電磁誘導NOISEが乗ってしまうのか?
しかしカセット本体、ケーブル、ソフトの三点で2000円は魅力です。
別に買った、MDからMP3に変換するTOOLも2000円ですがケーブルとソフト
だけでMD本体は付いてない。
Posted by 横浜のT at 2012年08月31日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57913726

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る