2012年09月03日

MDプレイヤーの修理

もうMDの時代は終わったので修理する気は無かったのですが、家庭用品修理隊員なのでやって
みようか・・・  という気になったのとYさんがDVDプレイヤーのレンズを直接クリーンという事例も
後押ししたので。。。。
 
このMDプレイヤーは10数年前に購入したものですが、TOC READINGがうまくいかなくてERROR
となる不具合がありました。   もう随分と以前に直接メーカーに修理依頼を仕方なしにしたとこ
ろ直るには直りましたが、1万円以上費用がかかりました。
それから数年はOKだったのですが、再度不具合発生。
ネットで調べると、今ならもし修理依頼するとさらにかかりそうです。
 
 
いきなりシャーシーを開けるのではなく、まず同種事例の有無を落ち着いてネットで検索してみると
やはり有りました。 こちらはMD-185であり自分のはMD-185Xなので多少外見も異なりますが
大した相違はないと思われます。
 
 
思っていたほど複雑でないようなので、レンズクリーニングを目指して先に進むことにします。
 
 
ちなみに以前、MD レンズクリーナーを使ってみたのですが残念ながら効果無し。
自分の場合、CDプレイヤーも含めてこういう簡易クリーナーで効果があった試しがありません。
 
 
シャーシーはビス止めだったので難なくOPEN出来ましたが、前面のパネルが取れないので少しこじってしまったりしてしまいましたが、
よく観察したところ上部に二箇所爪があり、それを指で押してやればラッチが外れました。
取れれば、なぁ?んだという事なんですが外れた後でなければ判りませんから・・・・
 

 
無事にドライブユニットにアクセスできました。
 



 
レンズまで綿棒(ベビー綿棒)が届くようになったのでこれでクリーニングしてみることにしました。
もしこれ以上欲張って分解すると多分、「破壊例」送りになりそうですからこの状態でクリーニングします。
 


 
少し埃が付着していたものの、さほど目立った汚れはありませんでしたがカメラレンズ用のクリーニング液をつけて慎重に
拭きました。
すべて復旧して、作動させてみたところ目出度くTOC READING  OKでした。
これでまたしばらく使えるといいのですが、何しろMD自体がもう衰退しているので・・・・・・・
MDプレイヤーの隣のTUNER/CD プレイヤーも数年前にCD部が不調で開けてみたのですが、こちらはぎっしりと部品
が詰まっておりとても手に負えそうにないので直ぐに復旧してメーカー修理に出しましたが修理代1万以上とられました。
 
MDプレイヤーのほうも中身はやはりぎっしりかと思いきや開けてみるとスカスカ状態。
人と同じで大事なのは中身であり、外見で判断はできませんね。  
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 00:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
綺麗なコンポですね。
MDは一生使えるものだと思ったんですけど、一気に消えましたね。
性能的には十分使えるんですが。 まーそれを言えばオープンテープも味がありました。

ちゃんとクリーンで治るんですね。
本当に落ちるクリーナーを作れば売れるかな?
Posted by 墨田のY at 2012年09月03日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57957478

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る