2012年09月20日

CD・MDステレオを破壊して捨てる。

 破壊例です。
 SONYのCD-MD ステレオラジオ 歌手の宇多田ヒカルさんの部屋にもありました。
 
 とにかく捨ててほしいというので、分解です。
 
 分解に関係するネジには、矢印が入っていますね。
 
2つにするだけでも、相当な数のネジを取る必要がありました。
無用な振動に気を使っているようです。
 
 スピーカは意外に小さいです。 これは再利用したくなります。
 
 電源トランスは、銅板が巻かれていました。 誘導ノイズを防止しているのでしょう。
 
 MDユニットは、異様なくらいに綿密な磁気シールドがされています。
 
 
 
 全部ばらして、スピーカ(2個)とモーター(5個)はとっておきます。 
 精密でトルクの大きなモーターです。
 
 
 
 
タグ:破壊
posted by 家庭用品修理士隊 at 03:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分
この記事へのコメント
めずらしいですね。このたぐいの家電は大抵修理編になる事が多いのに?
見た目はまだもったいないように見えますが・・・・
ところで見覚えのある方が出ていました。
http://teinengo.blogspot.jp/2011/05/blog-post_23.html

あっ!と思ったのはその方の頭の後ろにあるTUNER/CD/MDが三位一体となったONKYOの・・・
実はこれは私が昔ONKYOのCD PLAYERが壊れたときに修理に出そうかそれとも別の物を買おうか
迷ったときに検討した物でした。 三位一体でも自分が修理に出そうと思っていたMD無しのPLAYER
より安かったのでどうしようか迷いましたが、結局修理してもらいましたけど。
ONKYOのTUNERも付属の外部ANTが貧弱で受かりが悪いのが困り者です。
Posted by 横浜のT at 2012年09月20日 16:16
使えるので、オークションで売ろうとしたら、1000円でも売れていませんでした。
大きなものは、基本的に邪魔ですね。 とびきり音が良いというわけでもなく、ラジオの感度が良いわけでもなく。 デザインは良いのですが。 家電業界の繁栄のためにも廃棄は必要だと思います。製品によっては下取りがあるんでしょうが。
Posted by 墨田のY at 2012年09月21日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58376212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。


タグクラウド
ページトップへ戻る