2012年09月27日

クローズアップ撮影法

NHKの「達人が教えるデジタルカメラ」というテキストを読んでいたら、簡単にマクロ撮影ができる方法として一眼レフの
標準レンズを裏返してコンデジのレンズに密着させて撮るという手法が紹介されていたので試してみました。
もちろん最良の方法は一眼レフにマクロレンズを着けて撮れば良いのに越した事はありませんが、そこまでしなくても
簡単に・・・・・       (標準レンズは中古でカメラ屋さんの店頭に数百円で売っていたりします。)
 
標準レンズを裏返して使うという手法は、スライド写真を通常フィルムにCOPYするときに昔やった事がありますが、コンデジ
に、このようにして応用すればいいことは知りませんでした。
 
 
 
先日ipod touchのbattery交換時に不注意によりtouch panel(デジタイザー)のリボンケーブルを切ってしまいましたが、これを
コンデジの一般的なマクロ撮影だと以下のような写真です。
 
 
 
コンデジに標準レンズを裏返して密着させて撮ると、このようにアップして撮れます。
 
 
 
 
何度見ても悔しいですが、このケーブルは普通一般的に想定しているフレキシブルケーブルと異なり布のような感じで
すが、これに導線がどのように織り込まれているのかもっとマクロの眼で見たいところです。
墨田のYさんの画像にも結構マクロな画像が出てきますが、どのようにして撮影していますか?
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 20:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
こんな大きなレンズが使えるんですね。
自分の場合のマクロは実体顕微鏡の接眼レンズに、そのままカメラをあてて撮影です。
いいかげんです。 ピントも良くずれます。
Posted by 墨田のY at 2012年09月28日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58567222
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る