2012年10月11日

2.5インチSATAハードディスクが動かない ⇒ ヒューズ切れ発見⇒ジャンプして動く

パソコンの設定変更で、何度もハードディスクを抜き差し していました。
慣れてくると、電源を入れたまま乱暴に扱ってしまいます。

そのせいかどうかはっきりしませんが、パソコンが急に立ち上がらなくなりました。

あれっと、調べると、ハードディスクが回っていません。
SATA(シリアルATA)のケーブルを延長していたので、直接耳に当てられますが、作動音がしません。
正常であれば、わずかな振動と、回転音があります。

他のHDDを取り付けると作動しますので、HDD単体の不良に確定です。

さっそく分解です。 
昔、3.5インチHDDのころには、よくフューズ(fuse)が切れていたことがあったような気がします。ヒューズですね。

他にできることもありませんし。
2.5インチなので、ねじも相当に小さいです。
六隅の雪の結晶の形の特殊なねじです。


基板が小さく細かいので、また実体顕微鏡にお世話になります。


 F1、F2と記されている部分がありますので、これがヒューズでしょう。

 Nの印。  いわゆるフューズ(ヒューズ)の記号にも見えます。
これをテスターで調べると、導通がありません。
つまり切れています。




それではと、ジャンプ(迂回接続)です。
太い線のように見えますが、髪の毛より細いです。
(できるだけ細かいシールド線の網の部分の一部を使っています。)

USBアダプタに付けて確かめてみます。

今度は、HDDの回転振動が伝わってきます。


 中身も認識されており、その後起動にも使えました。
 
 一度フューズが切れていますので、大事な部分には使わず、実験用とします。
 ちなみにHDDは、HITACHI : 5K250-120 5400RPM 120GB SATA 5V 700mA です。

参考:チップ部品例  http://www.daitotusin.co.jp/contents/c_j/SMD_index.htm  表示の N は1.6A?  http://www.koaproducts.com/tf16sn.php
タグ:USB
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59088781
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る