2012年10月11日

RE: ハードディスクのFUSE切れ

このような事例を見ると、自分のも確かめてみたくなってしまいます。
先日、SSD換装で取りおろして保管中のWestern DigitalのHDDを確認してみました。
なるほど雪の結晶のようなビスで基盤が固定されています。  いくらプラスの時計ドライバーで合わせてみても駄目ですね。
仕方なしにマイナスの時計ドライバーで無理やりまわしてみたら何とか傷もつけずに取れました。
 
実体顕微鏡もっていないので、ルーペで上空からしらみつぶしにFUSEらしいもの探しました。 まるで未来都市のようです。
表側?(部品が実装されている側)をいくら探してもそれらしいものは見つからないので、裏側を同様に探してみますがやはりそれらしい物は見つかりません。
唯一、FSと印字されたものがありましたが↓
これがそのFUSEなんでしょうか??
 
てっきり、墨田のYさんと同じような印字がみつかると思っていましたが想定外でした。
でもこういう経験が何時か役にたつこともありますからね。  ipod touchのときもコネクターが異なっているなんてこと考えもしませんでしたが・・・   何でも同じように考えるのは早計だと思い知らされました。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
うーん FSはヒューズのようですが、見えている写真はヒューズを取り付けるランド(取り付け場所の電極)にしか見えません。 チップ部品になっていると思われます。

でも使えているハードディスクはあまり触りたくないですね。 
Posted by 墨田のY at 2012年10月12日 01:32
元ブログ記事の方に追加していたのですが、チップヒューズのわかりやすいサイトがありました。
参考:チップ部品例  http://www.daitotusin.co.jp/contents/c_j/SMD_index.htm 
表示の N は1.6A?  http://www.koaproducts.com/tf16sn.php
Posted by 墨田のY at 2012年10月12日 01:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59096842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る