2012年10月15日

外付け電源にハードディスク用電源のコネクタを付ける

古い外付けDVD装置に付属していた電源のコネクタを付け替えてみました。
本体は捨ててしまいました。

電源は、12Vと5Vが出ていますので、とっておきました。
ただしコネクタが丸型DINタイプなので、汎用に変えようと思います。


5vが2本、GNDが3本


コネクタを切って、線を出します。 
赤が+で、青がGNDでしょうね。 普通


テスターで電圧を測ると、赤がマイナスです。 あぶなくだまされるところでした。
そういえば、以前ドイツの車で、黒が+24Vホットバッテリという接続があったことを思い出しました。
こういうのは世界共通とは言えませんね。
ガスなどの色分けもそうですが。



余っていた汎用コネクタを使います。



結局こんな感じでつながりました。


細い電線が出ているのは、5Vの小さいコネクタを付ける予定です。



USBに接続して動作確認します。

SATAの場合は、コネクタ接続が楽なので、HDDを安心して交換できます。
12Vがあると3.5インチタイプも接続できます。
(汎用コネクタからSATA用に変換するコネクタを介しています。)


DISKPART というコマンドを初めて使ってみました。
HDDに作られた特殊な回復パーティションを削除することができました。


 
タグ:HDD USB
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
不要になった外付け機器の電源はこういうときに用途があるからとっておくと出番があるんですね。  これまで一緒に捨ててしまった事が多かった。
先日、SSD換装のときにもこういうものが有ればワザワザ外付けUSBアダプターケースなどを買わなくて済んだのに・・・・・

Posted by 横浜のT at 2012年10月15日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59245339

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド