2012年10月19日

ステンレスポットの内蓋劣化

サーモス(Thermos)社のステンレス保温ポット
 (製品例アマゾン

高性能で、清潔感もあって長年愛用してきましたが、


さすがに耐用年数を過ぎたのでしょうか。
内部に劣化が見られます。

上部のレバーと連動するパッキン開閉弁の周りが劣化しています。

劣化というか、溶け出しているような状態です。
触ると指が真っ黒になります。


お湯をコップに入れてみると、黒いものがわかります。

毒ではないのでしょうが、気分は良くありません。
臭いもわからないので、気にしなければ気づきません。

そういえば、最近保温が悪くはなっていました。
お湯を入れると、かすかな漏れ音がするのは正常の範囲だとは思っていました。

同じように感じていた方もいたようです。
http://monopolice.blog5.fc2.com/blog-entry-692.html

ステンレスの部分はまったく問題ないので、水入れにして使おうと思います。
お湯を扱う製品は寿命が長くはないと思ったほうがよさそうです。





 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 10:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
このTHERMOSのポッドと殆ど同じ物が、先日ホームセンターで大量に結構安く目立つところにあったのでこれは買い得と思って一旦はカゴに入れかかりました。
どのぐらい使い込むとパッキングの劣化が出はじめるんでしょう?
Posted by 横浜のT at 2012年10月19日 16:13
10年から13年は使っているものです。
ものとしては決して悪くないです。 弁の部分が金属だったらもっともつでしょう。
Posted by 墨田のY at 2012年10月19日 17:17
20年近く愛用していたポットの中栓の具合が悪くてお湯の出が悪くなり、先日ネット通販で中栓を取り寄せました。ドライブでは、お湯を入れておきコーヒー、日本茶、こぶ茶等つくり重宝してます。本体は製造中止して長い期間たつのに、中栓のみ入手できうれしく思います。このような姿勢がその会社の信頼につながるのだと思います。ちなみにこのメーカーはZOUJIRUSHIです。
Posted by 浦安のI at 2012年10月19日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59348033

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る