2012年10月31日

RE: 工事灯ではありませんが

以前から少し気になっていた夜間LEDライトが点滅する近所のクリーニング

屋さん脇の道路面の「標示灯ですが、こんなところにコードを埋め込んで引くのも大変だろう?

と思っていたら昼間よく見たら太陽電池パネルが上面にありました。
昼間は当然ですが用をなさないのでマジマジと見た事なかった。

これならコードを埋め込む必要ないですね。







この程度のパネルで終夜もつのであれば、自転車の尾灯も太陽電池で

十分かも??

image ↓ ↓
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 工事灯
この記事へのコメント
へー こんなに頑丈そうなLEDライトもあるんですね。
車が乗っても壊れない設計でしょう。

自転車も陽の当たるところでしたら、ソーラーで実用になりそうですね。
良く植木に挿して夜勝手に光るソーラー付きLEDが売られていますが、100灯も付ける製品(http://goo.gl/CO9l2)があるということは、結構余裕があるのかもしれません。 点滅による省電力が生かされてますね。
Posted by 墨田のY at 2012年10月31日 22:20
いまから40年ほど前の話です。 群馬県軽井沢の山道の交差点の中心点に赤く点滅するライトをみたことがあります。あれもソーラーパワーだったのでしょうか? 近くには電柱は無かったような気がするのですが・・・・・。
Posted by 浦安のI at 2012年11月01日 19:11
40年も前だと未だ太陽電池の効率も良くなかったでしょうから近辺に、ある程度面積のある太陽電池パネルでもない限り面倒でもコードを引っ張ってきていると自分は思いますけど・・
さらにまだLEDもその頃は一般的ではないでしょうから。。。
でも最近は本当に効率がよくなったみたいで庭の電飾が100灯ついて太陽電池には驚きました。
Posted by 横浜のT at 2012年11月01日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59690956
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る