2012年11月30日

ペンタックスKXのプリズム掃除

露出計は前回修理できたのであと前々から心配なモルトプレーンの経年劣化によるプリズムのメッキ剥がれの懸念ですが今のところファインダーにはシミのようなものは見当たらないのでシミが出るまえに思い切ってプリズム部の掃除をしました。

  カメラのオーバーホールで必要な工具は正式には色々あるでしょうが時計ドライバーがあれば殆ど用は足りるようですがカニ目回し?という工具は持っていないのでカメラでよく見掛けるこの手のネギを緩めるためにニードルノーズの先端をさらに削って加工。
カニ目回しを正式に買うと4000円程度しますからとてもこれだけのためにはとても買えません。。。。
↓これでこの手のネジを緩めることが出来ます。
 ↓上部を取り外してみると先日のK2というカメラが電子制御シャッターであったのに比べKXは露出計だけが電気部品でシャッターは純機械式なのでリード線は少ないのですが、K2ではまだ見られなかったフレキを一部使っています。  
 
  ↓上部カバーを外してみると案の定モルトプレーンがちょっと触るとボロボロと欠けてきました  
  モルトプレーンが接触していた基盤もこんな状態  
  ↓ブラシで掃除してやります
 
  ↓心配していたプリズム部に貼り付いているモルトプレーンが案の定劣化して変色してしまってボロボロですが、心配していたモルトの化学変化によるプリズムへの影響はまだみられませんでした。  
  ↓カメラ本体の方もボロボロになったモルトプレーンが残っておりファインダーに粉がかかっている状態なので取り除いてやります。     ↓プリズム部も同様にエタノールを染み込ませた綿棒でモルトを取り除きましたが、やりすぎてモルトの糊部までそぎ落としてしまうとプリズムの銀蒸着メッキまで剥がしてしまう恐れがあるのでホドホドに落とします。  
  ↓上部カバー部のモルトも新しく張り替えました。  
  ↓せっかくカバーを外したので露出計に使われているフィルムのISO感度設定用の可変抵抗もこの際クリーニングしました。
 
  ↓ネジに合うドライバーが無いので仕方無しにNTカッターで・・・・・  
   
  ↓今回の作業で一つ新たな発見がありました。  このような作業をしているときによくやりそうになるのですが、フィルム巻き戻しクランクが取り付く心棒を誤って押し込んでしまうと本体に引き込まれたまま引き出せなくなくなってしまう心配があります。 不注意で今回それをやってしまいました。(写真では落とし込んでいる状況ではありませんが)   何とか引き出そうと時計ドライバーなどでこじってみたのですがマスマス奥に入り込んでしまって困りました・・・・・  
    ↓結局もしかしたらと思って底蓋を外してよくみたら円形のネジ2本で止まっている蓋がありそれを外すとフィルム室にじかに繋がっており、棒を差し込んで押してやると巻き戻しの心棒を容易に押し返す事ができました。 どうもこれだけの必要性の為に存在するパネルのようです。 多分、自分のように分解中にドジふんでしまったときの対処のために設けたというのではなく、普通に使っていて撮影済みフィルムを通常手段で取り出すときに裏蓋を巻き戻しレバーを引っ張っても何らかの不都合で裏蓋を開けられないときに使うためにあると思われます。  
    全くいじった事のないカメラの分解は怖くてできませんが、今回もネットで丁度KXのペンタ部の掃除のためのHPを見つけたのでこの情報通りの手順で実施して大いに助かりました。   http://homepage3.nifty.com/doggo/camera/KX/KXC01.htm   カメラのネジで気をつけなければならないところは所々に逆ネジが混在していることで傍目にはどちらの回転方向なのか判りません。小さなネジですので間違えると容易に切れてしまいます。  事前に回転方向を知らないと取り返しのつかないことになります。   これでこのカメラは一応使用できるようになりましたが、果たして使う機会があるのかどうか?? デジカメで撮れば殆ど枚数無制限なのに対しフィルムカメラで36枚、24枚撮りでは・・・・・ しかもフィルムも値が張るし現像代も含めると恐らく4GB程度のSDカードを買ってお釣りがくると思われます。   クラシックカメラで使用できる状態の一眼レフを残しておきたいという気持ちだけです。
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
カメラの分解って見ているだけでもおもしろいですね。
カニ目回しって言葉を知りませんでした。
今回は、予防修理の目的も達成できますし。
ならべられた部品を見るとわくわくしてきます。
シャター速度調整でしょうか、ロータリースイッチの電極がしっかり金メッキされていて好感もてます。
Posted by 墨田のY at 2012年12月01日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60429763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(01/24)自動点灯ライトの作動範囲を変えてみる
(05/29)キッチンタイマー改造( 大きすぎる音を機械的に小さくする)
(04/01)★ ”着せ替え式 デジカメバッテリー充電器”についての考証・・・そしてまた中華の闇に触れる。
(01/01)★ 恭賀新年・・・令和五年 卯年。
(12/13)★ National ”EZT121”・・・リチウム電池+充電コネクタ?5.5mm 化
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。


タグクラウド
ページトップへ戻る