2012年12月11日

壁掛け時計の電池ボックスを並列にもうひとつ追加する。

電池ネタが続きます。
 
壁掛け時計の表示がいつのまにか薄くなっていました。

電波時計で、温度湿度も表示してくれます。
高性能なのですが、電池を換えると設定が面倒という気がしていて、多少薄くなっても電池を変えないでいました。
 
そういう人は、他にもいるようで、「seiko twin-pa」で検索すると、「説明書を探しています。」という人が結構います。
 
 
 そこで、前々から思っていた改造をしてみました。
  1 電池ボックスを並列に設け、片方だけで作動させる。
  2 電池に寿命がきたら、開いている電池ボックスに新品を入れてから、古い方を取り去る。
  3 また寿命が来たら、最初の電池ボックスに新しい電池を入れ、2の電池を取り去る。


 要するに、電池を交換するときに電源が切れない工夫です。
  最初から2つの電池ボックスに新品を入れれば、寿命は伸びるでしょう。

 電源が切れなければ、電池交換中も時計表示はされたままなので、設定の必要がありません。
 電波時計なので、時刻をあわせる必要さえありません。
 

 電池の電極が見えていれば、一時的に電圧を供給してやれるのですが、電池が3本で電極が見えません。
 
 しかたがありません。 今回は電池を抜くのでリセットされてしまいます。
 
 


 電池電圧を測ってみたところ、単三3本で1.5Vしかありません。
 
 なんで3本使っているのか わかりませんが、2本で十分という感じです。
 2本の方が並列にしやすいですし。
 売っている単位も2本が多いわけですし。


 内部はコストを下げるための工夫はあまり見えません。
 半田付けを見ると、国内工場ではないような感じです。
 それにしても無駄にネジが多すぎます。 
 テストの試作品をそのまま製品にしたような感じです。
 (悪口では無いです。 金型を節約し、できるだけ安くしようとする工夫だと思います。)

 電波を受けるフェライトバーアンテナがとても大きいので、感度はよさそうです。
 左上には、 湿度と温度の両センサ見えます。
 

 電池は、扱いやすいように2個とします。
 このため、元の電池ボックスを切って取り付け直します。



 並列につなぐ電池ボックスを筐体の外に付けます。
 接着にはプラリペアが活躍します。



 後は、外付け電池ボックスを内部の電池ボックスに並列接続します。




電池を4つ付けるとこんな感じです。
 実際には、2本で十分です。
 


 3ボルト(電池2本)で、まったく問題ありません。
 受信地方によっては、3本(4.5v)の方が良い設計なのでしょうか。
 
 
 
タグ:電池
posted by 家庭用品修理士隊 at 12:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
心臓手術をやる場合人工ポンプに切り替え、その間心臓を手術し、手術が終われば心臓を動かし人工ポンプを止める。そんなことを思い浮かべました。もし心臓と小型埋蔵型人工ポンプの並列運転が可能だとしたら、スポーツ界で新記録続出するかもしれませんね。私の頭も頭のいい人と並列運転したいです。
Posted by 浦安のI at 2012年12月11日 21:52
液晶物は大抵が確かに電池交換でMEMORY CLEARになってしまう事が多いからこれで改善されれば手間が省けていいです。 精密ノコギリはプラを切るときも役立つんですね。
自分は身近なところでは自転車のサイクルメーターのボタン電池を交換する度に時計、積算走行距離、タイヤの径などを入力し直さなければならないのに特に不便を感じてます。
その点、デジカメはよく出来ていてバックアップ用に別にボタン電池を設けていたりコンデンサ?を使って主電池を一時的に外しても一定時間はメモリーが機能してるので助かります。
日常の時計もバックアップ電池を設けることは考えてくれてもよさそうなのに? スペースはあるし・・・・・
Posted by 横浜のT at 2012年12月11日 23:41
浦安のIさん:心臓二個、頭二個の並列運転おもしろいですね。 でも考えて見ると、人の体は脳、目、耳、腎臓などは並列運転ですね。

横浜のTさん:精密のこはプラスティックと愛称良いです。 それにしては曲がってますが。
バック電池やコンデンサは、電池LOWの報知機能がある場合には有効だと思いますが、容量低下がわからないと、バックアップ電池も一緒に容量低下してしまいます。
壁掛け時計の場合は、電池低下が表示でわかるのでコンデンサで良いかもしれませんね。
Posted by 墨田のY at 2012年12月12日 11:51
腕時計やピアス、指輪、ネックレスなどのアクセサリー・ジュエリーを圧倒的な商品数 から通販感覚でラクラクお買い物。人気ブランドからおトクに買える中古アイテムまで、 出品や買取もできる日本最大級のネットオークション「ヤフオク」
Posted by エアキング at 2012年12月28日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60679846

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る