2012年12月14日

LED工事灯と野田総理

この二つには特に相関関係はありません。
野田総理が駅前に応援演説にくるという立て看板を見てカメラを持って駅前に向かう途中に何時もの近道が工事中でした。
自分の一番のお気に入りの埋め込み型ソーラ-LED工事灯が拡張工事で撤去されてしまっています。
ソーラータイプはこういうときも電線不要だから便利ですね。
 
↓ BEFORE
 
 AFTER
 
その代わりといっては何ですがまた自分にとってはお初タイプのLED工事灯を発見。
荒川商会というところのレンタル工事灯のようです。   調べてみると単一電池2本仕様でアルカリ電池30日、マンガン20日タイプです。   演説が終わって暗くなってからの帰路LEDがグルグル回転しながら点滅してましたがなかなかのものでした。
 
 
さすが落ち目の政権とはいえ一応権力を持っている現職の総理大臣はすごい人だかりです。 先日の社民党の福島みづほの応援演説とはえらい違いです。 数百倍の差があるでしょう。
黒塗りのセルシオ数台でサッと乗り付けて演説が終わるとサッと離れていきました。
 
 
 
 
 
 
野田総理と握手もできました。  こっちは寒い中2時間近くも立ちっぱなしで冷え切っていることもあり総理の手は温かった。  野田総理には気の毒ですが、ここ神奈川14区は現職の民主党議員が今度の選挙では劣勢なので当選は難しいだろうと予測されています。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
臨場感ありますね。 カメラの砲列、黒塗りセルシオ、総理と握手。 いよいよ明日ですね。
Posted by 墨田のY at 2012年12月15日 12:51
総理と握手はしたけど一票を投じるかどうかは別問題。。。
デジカメは本当に便利です。 総理が駆けつけたときはすでに日が落ちかかってましたが自在にISO感度を変更できるのでISO 1000程度に上げてシャッタースピードを確保しました。
ISO 3200ぐらいまでなら画質もそんなに落とさずに撮れるらしいです。

工事灯はこれまでに数種みてきましたがソーラータイプは節電のためせいぜい単純な点滅止まりで通常電池タイプは複雑な点滅をしてるような傾向にあると個人的には感じてますがどうでしょうか?
Posted by 横浜のT at 2012年12月15日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60769597

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る