2013年01月16日

セメダインスーパー接着剤を小分けで使う方法

接着剤の小分けでの使い方例です。


 
hp200LXは経年劣化で、あちこちが割れてきます。
 
筐体だけでなくキーボードも例外ではありません。
材質は違うのでしょうが、特に使う部分は疲労も加わって
ポロポロ取れてきます。
 
幸い接着剤(セメダインスーパーX)で復活させられます。


 
 ところが、使う量は耳かき一杯程度の僅(わず)かな量なのですが、
 蓋を開けて空気に触れさせた部分が硬化してしまいます。
 
 蓋には中央に突起があって、詰まらないような工夫があるのですが、
 突起ごと固まってしまいます。
 
 そうすると、蓋を開けた際に内部に切れ残ってしまい、
 二度と内容物を出せなくなります。
 


 そんなとき、以前は頭の横に針で孔を開けて使っていたのですが、
 そこも固まってしまい、次回は使えません。
 
 そこで、後ろから使うことにしました。
 
 おしりの方の折りまげた部分をほどいてゆくと、長さが稼げます。
 
 そこに、小さく接着剤を追いやって、マイクロサイズの接着剤詰め部を作ります。
 
 ウインナーソーセージのような感じです。
 ときどきちっちゃい奴が混じっていることがあるでしょう。
 
 

 
 その小さな部分を、カッター切り外して使い捨てにします。

 すると、次回は本体側は固まりが少ないので、また同じような要領で小さな接着剤を切り出せます。
 
 
 

 保存は冷凍庫に入れています。
 
 けちっているわけではなく、使いたいときに使いたい接着剤が無いと本当に困るんです。 
 
 瞬間接着剤小分けと同じ考え方です。
 
 自分で小分けにできないかと、ビニール袋を密閉させながら、接着剤の小袋パックを作ってみたのですが、
 みごとに全部固まってしまいました。
 
 金属チューブでやれば良いのかもしれませんが、入手できず試せていません。
  
 


posted by 家庭用品修理士隊 at 14:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
イヤ〜ッ目からウロコですね。接着剤を買ってきて一回使ってキャップをしても固まってしまって残りは捨てていましたもんね。メーカーも消費者の利便性を考えて小分けタイプを作ればいいのにと思いますね。
Posted by 浦安のI at 2013年01月16日 18:03
浦安のIさん。 今年もウロコが一杯落ちそうですね。 
Posted by 墨田のY at 2013年01月16日 22:33
なるほど何時も困っていました。  セメダインスーパーは高価なのでもったいない思いをしてましたが・・・・・・    早速今度やってみますよ。

Posted by 横浜のT at 2013年01月17日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61501387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理


タグクラウド
ページトップへ戻る