2013年01月29日

記録したCD-Rを捨てるときは、カッターで一本の傷を付ければOK

CD-Rを捨てました。

あ。 内容を消さなければと気づきました。

一枚なら割れば良いのですが、数十枚あります。

簡単な方法を考えてみました。



結局のところ、カッターで一本傷を付けることにしました。

(1)傷を付けるのは、光沢(記録)面ではなく、レーベルの方(上面)
(2)中央部にかかるように傷を付ける。

ということに落ち着きました。

レーベル面というのは、記録層そのものです。
記録面(レーザーが当たる面)は、単なる透明な層です。
ここに傷を付けても、なめらかにすれば記録は読み取れます。

記録層を傷つける
上面が記録層(ここが肝心)



しかし、このような傷の付け方では、読み取ることができました。

見てわかるように記録部に達していないわけです。



中央の穴を通るように傷をつければ完璧です。


中央部に傷を付けると、読み取れないどころか、パソコンが固まってしまいました。




 

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
CDRって記録部がDISC全体なのかと思っていました。中心部に近い部分だったんですね。知りませんでした。CDRって日本の会社が開発したそうですね。大したものですね。
Posted by 浦安のI at 2013年01月31日 17:23
えっ 記録部はディスク全体ですよ。 写真ではその容量の半分以下しか使っていなかった場合です。 記録したところが変色したように見えています。 
 そうですか。日本の会社が開発したんですか。 すごいです。 CD-Rは長く残るような気がします。 ブログラム登録という制度の中で、保存性最高といわれるマイクロフィルムの代替として採用されましたから。 焼く焼かないで記録するので、磁気記録などより単純なんでしょうね。
Posted by 墨田のY at 2013年02月01日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61840758

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る