2013年02月06日

充電できなくなったアイフォンUSBケーブルの修理

Ipodへの充電が急にできなくなりました。
ハブがだめかと、充電器を替えてみてもだめです。
他のケーブルを使うと充電出来ます。

面倒ですが、分解してみたら、結局ケーブルがあちこちで断線していました。
そこで、短いUSBのケーブルを使って修復しました。


コネクタは結構精密にできています。
外カバーを外すと、金属製の内カバーが現れ、ロック機構も組み込まれています。


使われているピンは4本 その他にはピンが挿入されていません。


ピンは、隣同士て接触しないようにでしょう、電極が上下に分かれます。

iphoneコネクタピン
ピンは引っ張ると抜けますので、必要に応じ入れ替えることができそうです。
(逆くさびがあるので、簡単には抜けない構造ですが、コネクタの樹脂は柔らかいです。)


コネクタの正式名称は「Apple 30ピン Dockコネクタ 」と、ウイキペディアに記載されています。
ピンアサインは「ようへいの日記」さんのページがわかりやすいです。

iphone-usb充電ケーブル配線
もとのケーブルと同じ配線で組み立てたところ、


無事に充電出来ました。






PR
超簡単!最速たった3分で修理完了!
iPhoneのバッテリーは自分で交換するのが断然お得!【PSE取得】

タグ:iphone iPod
posted by 家庭用品修理士隊 at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62111478
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る