2013年04月15日

単三電池を単二電池として使うとき。

灯油ファンストーブが不調になって。
灯油が余ってしまいました。


コンロ型石油ストーブ
昔使っていた、コンロ型ストーブで使い切ることにしました。
 

電池は単二
コンロの点火には、電池を使う方式なのですが、
単2サイズです。
それも4本。
ちょっと使うだけなので、エネループ(R)(単三型)で
なんとかしたいです。
 


 単三電池を単にや、単一に変換できるアダプタが
あることは知っていますが。
 手持ちがありません。
 
単三をテープで直列につなぐ
 幸い単三は、単二と高さが一緒です。
 中心に収まればよいわけです。


単三を単二の電池ボックスに入れる。
 エネループ(R)(単三型)をテープで直列にし、
 薄いスポンジで調整しながら太さを調整。
 単三型4本で、単二4本の変わりにできました。
 
 ただし、スプリングの当たりが悪いときは、
 プライヤ(ペンチ)などで調整します。

 スプリングの調整



  

 

タグ:電池
posted by 家庭用品修理士隊 at 17:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
懐かしい形のストーブですね。北国の実家では煮焚きができるこの格好のストーブが重宝されていました。これで作るブリ大根は骨まで軟らかくなり最高の味でした。商品名は確かサロンヒーターといったかな?ところで越年灯油は使えないといいますが、家では特に問題なく使えています。
Posted by 浦安のI at 2013年04月15日 22:52
すごい火力ですね。ブリ大根おいしそう。やかんの水も、ガスより短時間で湧きます。電気が不要なところも非常用には良いです。 ただ灯油は入手が面倒なうえに、品質が一定でないような気がします。燃焼臭で頭が痛くなるようなことがありました。それで来季はやめようと思っています。
Posted by 墨田のY at 2013年04月16日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64926751
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。


タグクラウド
ページトップへ戻る