2013年04月18日

タンバリンのシンバルが取れるのはなぜ?

タンバリンの故障
 カラオケの部屋にあったタンバリンに何気なく目が行きました。
 すると、つい修理士隊精神が出てしまいます。
 

タンバリンのシンバルが無い
 シンバルが一部無くなっている。
 こんなものが取れるの?
 
 歌に合わせて叩くと、先端部分が加速度と衝撃で軸が抜けてしまうのか。
 危ないかも。
 軸は抜けないようにできるだろうに。
 
タンバリンのシンバル軸摩耗
 そう思いながら。 
更に他の部分を良く見ると、
 
 なんと、軸は抜けたのではなく、削れてしまっています。
 金属のシンバルと、金属の軸との摩擦です。
 
針のようになる
 最終的には軸が針のようになることがわかります。
 
 こういう故障(不具合)もあるのだと納得
 


皮付きタンバリン
皮付きタンバリン

 そういえばタンバリンって、皮が張られたタイプもありましね。

 

タグ:楽器
posted by 家庭用品修理士隊 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65052990

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る