2013年09月03日

ボイスレコーダー 操作スイッチ不良を分解掃除で直す。

MP3レコーダー・プレーヤー
オリンパス Voice-Trek V-61
個人的には名機だと思っています。
 
薄さとデザイン、質感がとても良いです。
WMA形式でのステレオ録音再生の外MP3も再生できます。
 
2007年3月の発売ですからそろそろ買い換え時なのですが、
その理由がありません。
 
しかし、今回は一番良く使うスイッチが時々作動しません。
「+」のスイッチですが、再生ファイルを選んだり、
音量を上げたりする重要なスイッチです。

 
 たったひとつのスイッチの調子が悪いだけで、
購入しようかと家電品のコーナーを散策しました。
 ですが、デザインがこれ以上に良いものがなく、
 大きい物は避けたいと感じました。
 


やはり修理するしかありません。
 

 しかし、意外に精密設計です。
 
カードを差し込む隙間もなく、なんとかこじ開けました。
 

ポロポロと部品がこぼれてきます。
 スイッチの上の駒や、小さなスプリングなど。
 
なくさないように、初めから床で作業しています。
机の上から小さな部品を落として、見つからなかったことは何度もあります。
 

 どうやらやってしまったようです。
 
小さなスイッチを壊してしまいました。
 
隙間を作ろうと、プラスティックカードを差し込んでいるときに壊したのでしょう。
 

これは、もはや修復不可能。
 
しかし、部品入手も大変です。
 
ここは後回しです。
 


 薄型スイッチの修理

「+」のスイッチは、他のスイッチと一緒に基板上に形成されています。
 
特殊なスイッチです。
これは修理無理かと感じましたが、どうせ使い物になりません。
 

 さらに分解してみました。
 テープをめくります。
 

 基板上に接点が作られています。
 ●接点と○接点を◎のように形成
 
 その上にお皿状の電極を置いただけの単純構造です。
 位置は粘着テープで保持しています。
 

 よく見ると、◎接点にはゴミのようなものが付着し、
 皿接点には、変色(酸化?)が見えます。
 
 このゴミはどこから入ったのか?
 たぶんスルーホールからですね。
 スイッチ操作すると、スイッチ内の空気が出入りするのでしょう。
 スルーホールは無い方が長持ちするかもしれないなどと想像します。

 5-6年使っているんですけどね。

 ゴミはアルコールを染み込ませた綿棒で掃除。
 変色部はカッターの歯で削りました。
 
 左上にみえているのは、小児用綿棒の頭部です。
 
これでスイッチの操作は改善したでしょう。
 
 


分解時に壊してしまったスイッチをどうするか。
 

 これは、単極スイッチです。
 切り替えでも、複数でもなく、一個の接点です。
 ならば、別の位置に設置しようと考えます。
 
 機能は、電池を外した時にUSBコネクタをパソコンに認識させるためのものでしょう。
 
(通常時は、USB電極には単4電池一本の電圧が供給されていて、本体の電源端子を兼ねています。)


 電線2本をつないで実験してみます。
 

 すると、次のようなことがわかりました。

 このスイッチを入れない(開放)と、電池不足ですというメッセージになる。
 ここでスイッチを入れても無反応。
スイッチを入れながらUSBに接続(挿入)すると、PCモードになる。
 
 挿入して、モードが切り替わる一定の時期にだけスイッチが導通していれば良いようです。
 

 それならば、小さなプッシュスイッチで代用できそうです。
 

 USB端子に接続するときだけ赤スイッチを押すようにしました。
 
これで正常に使えます。
 
ある意味、自分だけにしか使えない秘密のスイッチです。

紛失時などに重要録音が漏れないという利点(効果)を付加できた気がします。
 (負け惜しみですが。)


 単三電池を使えるようにした改造を戻し、代わりにストラップに予備の単4電池を入れるホルダを付けてみました。
 
まだまだ現役です。


 
家庭用品修理士隊

タグ:スイッチ
posted by 家庭用品修理士隊 at 21:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
壊れた小さなスイッチの機能を実験により知り、代わりに別のプッシュスイッチを付けるなんて素晴らしいアイデアですね。墨田のYさんは本当にスゴイ!
Posted by 浦安のI at 2013年09月08日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74018561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
(04/09)手元照明に拡大鏡 の代わりに老眼鏡を付けてみた。
(04/02)コンデンサ交換〜パソコンのディスプレー
(03/16)わかりやすい故障〜スマホ用ACアダプタ(プラグ根本割れ)
(03/04)ポータブルテレビのお手入れ。親機から異音〜ファン掃除
(02/28)イヤホンが差し込み根本から折れた。直角に固定
(02/20)コンパクトデジカメに、スマホ用レンズが使えるかの実験
(02/12)PCの保守・修理にはクローンマシンがとても便利
(02/02)洗口液のボトル高を低くする。微妙な調整実験。
(02/01)乾電池式電動ドライバーは使えるのか
(01/29)天井ライトレールの接続器具にペンダントスイッチを付ける。
(01/29)オーブントースター(ピザ焼き機)を修理(サーモスタット不良)
(01/27)新品電池を入れたのに使えない電池ホルダ
(12/20)「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。
(11/03)システムキッチンの大引き戸が落ちた。応急修理
(10/27)「コマNO.の上限です」という表示。デジカメ使えない。


タグクラウド
ページトップへ戻る