2013年12月19日

家庭用品修理士の目線

修理とかの内容はありません。

先日、秋葉原へ向かうとき、電車に乗ろうとしました。

すると、そんな刹那(せつな:短い時間)にでも目がホームに行ってしまいます。

目がホームに行く

これだとなんだかわかりません。

実際には光っていたんです。
なんだろうと目が行きます。


ここです
なんか変な光り方していて、形も気になるし。

電車に乗ります

 

電車に乗る動きをしながら接写してしまいました。

思わず接写

あー! 何のことは無い、ネジですね。

針金とかを止める、輪が付いたネジ。 全長10mm位です。
それが、ホームのアスファルトのような部分にめり込んで、表面が削れて光っていました。
真鍮製(しんちゅうせい)なので、金のように輝いて見えたわけです。

下を見て歩いているわけではないんですが、変な形や、光を無意識に感じてしまうようです。
カラスみたいですね。

 


この部品は、なんという名前でしょう。

ホームセンターとか、文具屋さんでもあるかもしれません。

でも名前がわかりません。

「真鍮 木ねじ」で調べたら、

ヒートン

CHOBEY.COMより ホームフック・吊金物

ヒートン ていうんですね。

英語ではアイ・ボルト(Eye bolt)

先端が少し開いた?型は、洋灯(ようとう)と呼ぶようです。(ウィキ

 

ネットショップでいろいろなヒートンを見ることができます。

 

 

 

家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82812926

この記事へのトラックバック
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る