2014年01月21日

ビスの重要性

デジカメの外装を止めているビスが二箇所欠落していることに、ある日気が付きました。
このデジカメは一世代以上前のもので400万画素。 今ではこんな低画素なカメラは売ってないでしょうね。  ところがこの低画素なところが最大の利点で手放せないカメラなんですが・・・・
 
風景写真とか人物を撮るのには向いてないかもしれませんが、仕事で作業指示書に添付するのが現在の用途なのですがそれには打ってつけです。 高解像度など全く必要がありません。
それだけにポケットの出し入れが多かったせいかネジが紛失しているのに全然気が付きませんでした。
 
 
 
 
 
 
同等品のネジが手に入れば問題ないのですが、そういう小物を売っているような店は無いし、せいぜい東急ハンズが隣の駅にあるぐらい。  でもこんな小さなネジは東急ハンズでも置いてあるかどうか???
 
どうしようかと思案したあげく100均で以前購入したシニアグラスのネジを使えたら安いものだと思い、このネジを使って応急修理してみました。
シニアグラスは他にも幾つか持っているので不便ではありませんし何といっても100円ですから。
 
 
 
 
 
ネジ山は適合しましたがヘッド部が小さいので今一とはいうものの、とにかく外装を止めることは出来たので満足です。  他の100均以外の眼がねだともっと適合するネジがあるのですが、いくらなんでもそこまでする気はありません。
 
 
こういう特殊なネジは今回のような場合を想定して、いらなくなった身の回り品などを捨てるときに多少気を配って回収してから廃棄する心構えも必要だと思いました。
 
 
タグ:ネジ
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
この記事へのコメント
自分のデジカメもいつのまにか、ネジが一本ありません。
確かに乱暴に使っているかもしれませんが、緩んでいる途中で発見できないことが不思議です。
このあいだ、ジーパンの後ろポケットに小さな石があるなと思いました。
爪でほじるようにして取ったところ、小さなネジでした。
きっと後ろポケットにカメラを入れたことがあったのでしょう。
覚えがないのですが。
Posted by 墨田 at 2014年01月23日 13:46
現役の頃は小さめのビスは捨てずとっておき、結構重宝していました。 そのクセでいまも自分のtool boxの中は格好の数のビスその他入っています。貧乏性なせいでしょうか。
Posted by 浦安のI at 2014年01月23日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85725865

この記事へのトラックバック
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る