2018年02月01日

テレビにバックライトを付けてみた

昨年、NHKの「あさいち」という番組で眼の健康についての特集が放映されました。
それによると、暗い部屋でテレビを見ていると眼に負担がかかってよくない(昔から言われてはいますが)のでテレビの後方の壁等の周囲をある程度明るくすることで負担軽減になるという内容でした。
さらに、テレビの後方を照明するLEDライトも安く手に入るので付けてみるのも効果的ですとも言ってました。
 
早速、ネットで検索してみると確かにありました。中国製ですが1700円程度でリモコンまでついている。結果がおもわしくなくてもこれなら後悔することも無いだろうと思って購入。 この他にUSB-ACアダプタ等も必要ですが500円程度。
 
71-GPuI7hcL._SL1001_
                 amazon  H/Pから
 
 
テープ状になっているのでテレビ裏に貼り付けるのは簡単。 細かいことをいうと四隅の曲がり部分は当然のことながら浮き上がってしまうので、専用のコーナー部につける専用の部品もあるようですが何しろテレビ裏なので、そこまでこだわる必要もないのでそのまま少し無理して貼り付けました。
 
P1260930
 
 
 
P1260929
 
真っ暗な部屋で、バックライト有と無しで比較してみましたが、確かに眼には負担減になると実感しました。
もっとも、もう視力もかなり落ちているので手遅れではありますけど・・・・・・・  進度を遅らせる一助にはなるかもしれません。
 
P1260923
 
少し困った問題も発生しました。
付属のリモコンの赤外線が弱いせいか、かなりLEDテープに近づけないと反応しない。
さらにテレビのリモコンに意図せず反応してしまいます。例えばREGZAだと3CHのボタンを押すとLEDが点灯し2CHで消える。7CHを押すとWHITEになる・・・・・・・・ など。
はじめは、これは困ったものだと思ったものですが今では逆に助かってます。
テレビのリモコンの照射角度を変えることにより、テレビだけCHを変えることができるようなったので、LEDリモコンは使わなくて済むようになりました。
 
P1260931
 
 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<皆既月食>
 
見れないだろうと思っていた皆既月食が、予想外に戸外に出なくとも窓から見えたので慌ててカメラを持ち出して
三脚にセットしてシャッター速度も絞りも殆どよくわかないままマニュアルに切り替えて、いろいろ値を変えてとってみた中で肉眼の印象に比較的近かった写真です。
フィルムカメラだとこうは出来ませんが、デジカメは気に入るまで何枚でも撮れるので本当に助かります。
 
IMGP1009
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2018年01月23日

デジタル顕微鏡で雪の結晶を撮ってみた

以下の内容は家電修理に関することではありません。
 
かなり以前に、包丁を研ぐ際の刃の付き方を観察しようとして購入した中国製の5000円程度のデジタル顕微鏡。 (光学式はとんでもなく高価なので無理です)
 
先日は関東地方も結構な降雪に見舞われましたが、なかなか虫眼鏡では無理でも、もう少し倍率の高い顕微鏡なら見えるだろうと思って寒い戸外に持ち出して、風で舞っている雪をとらえて観察してみました。
気軽に戸外に持ち出せるのもデジタル顕微鏡のいいところです。
 
P1220888
 
もっと簡単に見えるだろうと思っていましたが、雪が水分の多いボタ雪気味だったせいか、結晶とはとても言えないものばかりで時間ばかり経過してしまいました。 それにしても寒かったですね。
この顕微鏡はマイクロSD CARDにSTOREできる機能はあるようなのですが、あいにくマイクロSD CARDの手持ちが無いので、画面を別のデジカメで撮るということをやっていたので、画質がよくありません。
 
P1220897
 
それでもごくまれに、結晶らしいものが現れてウキウキさせられるのが寒中のなかでの唯一の楽しみ。
 
P1220911
 
↓これなど透明感があって自分では一番好きかもしれません。
 
P1220915
 
このデジタル顕微鏡、焦点を頻繁に調節しないとなかなかうまい具合に撮れないのが欠点。
 
P1220922
 
 
P1220910
 
昔、小学生の頃に雪が降ったら黒いセーターに舞い降りた雪を虫眼鏡で観察すると結晶が見える。
というような事を教科書?などで見た覚えがありますが、現実は雪の質、周囲の環境などの好条件がそろわないと難しいのでは・・・・・
でも今回は一応自分としては、生まれて初めて結晶らしいものを見れたので初回としてはまぁ満足。
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 23:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜のTさん

2017年09月26日

使い捨てライターを捨てるとき(注意喚起)

机の引き出しの中などに使われずに転がっている使い捨てライターを整理しようと思い探してみたところ複数個

出てきました。(喫煙もしないので使うことは今後も殆ど無いでしょう)

こういう物は家中にゴロゴロしている家庭も結構あるのではないでしょうか?

P9250877

そうしたところ、ガスは結構残っているのにも拘わらずもう着火しないライターがありました。

他のライターの炎を近づけても火がつかないので、ガスの経路がどこかで詰まっているのかも知れません。

さすがに廃棄しようと思ったのですが、ガスが残留している状態でそのままゴミとして出すわけにもいかないので

ガス抜きをしなければなりません。

カセットガスコンロなどであれば、そのまま燃焼させて空にして、小さな穴を開けてガス抜きするでしょうが、ライター

でガスが出ないとなるとそれも出来ない。

そこで、はじめの予定ではルーターに細いドリルを着けて穴を開けてガス抜きするつもりでした。

でもルーターをいちいち出してくるのが面倒になり、つい手元にあったニッパーでケースを割ってガス抜きするという

無謀な行動に移行してしまいました。

想定では、プシューという程度の勢いでガスが放出されてくるだろうというつもりが・・・・・

P9250878

そうしたところが、いきなりボン!!という爆発音が家中に響き破片も飛び散ってビックリしました。

幸い炎が出ないのが幸いでしたが。。。。。

ここ数年では、自転車のチューブが空気を入れてる最中に破裂して大きな音が出たのに続くビックリ度合い

でしたね。

事後振り返ってみれば、当たり前のことだろうと思えるのですが、プラケースの中でユラユラしている少量の

液化ガスをみていると大したことないと思ってしまったのが落ち度なのと、ルーターを出すのが面倒だという

ことが災いしました。

P9250879

このような事をしてはいけませんよ。

危ない事例として参考になれば・・・・・・ でも厄介ですね使い捨てライターでガスが残っている場合の

始末というのは。 やっぱりドリルで小径を開けるのが最良の方法なんでしょうか??

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る