2019年08月31日

修理:キーボードにコーヒーこぼして複数キー不作動。

結論

キーボードにコーヒーをこぼしたら、分解掃除が必須

経過

image

コーヒーをこぼした再現イメージ(実際には、コーヒーをキーボード上にぶち撒きました。)

あーやってしまいました。 テレビ・パソコンに使っているワイヤレスキーボード。
コーヒーは、毎日の習慣。 濃い目にドリップしたものです。



imageimage

でも、キーボードは飲料こぼし対応済み。 キーボード上の水分は、穴を通して下部へ抜けるようになっています。
キーボードを持って、良く降ってコーヒーを落とし、ティッシュで拭いておきました。
キー列をティッシュに叩きつけるイメージ。

とりあえず作動しています。

image
ところが、3日位して気づきました。 一部のキーが反応しない。 4、9、CTRL などなど。
キーの動きには問題ないので、接点の不具合。
しかし、複数のキーなので、共通パターン(導体)の接触があやしい。

えーいまごろ来たかー。 コーヒーが内部で固まったかな。

image

さっそく分解


image

キーパッドの隙間にコーヒー残りあり。

image
配線パターンにもコーヒー汚れあり。
キーボードの配線パターンは、数枚のフィルムに分かれていて、その隙間に染み込んでいたものでしょう。

image

キーバッドとキーパターンフィルム全体を水洗い。
水だけでもコーヒーには良い溶剤となるでしょう。


image

乾燥: ドライヤーでひらひらさせながら水分を飛ばします。

image

直らない。
十分に洗浄して仮組みし作動テスト。ところが、まったく改善せず、同じ症状。

えーなんだろう。


image
パターンと基板との接続部は良好。

image

原因は、パターン切れ。 光に透かしてようやくわかりました。
テスターで測ると導通がありません。 ですから電気的にも切れています。

image

普通に見ると黒変しているだけで切れているようには見えません。
どうやら、コーヒー中のなんらかの成分でパターン(導電塗料)が溶けたようです。
パターンが溶けるのに数日かかったので、最初は問題なくキーを使えたことも納得です。

キーボード修理

パターン切れを直すには、導電塗料を塗れば良い。
しかし、高価だし。 なにより、細すぎて塗る作業がむづかしい。

そうだ簡易修理しよう。
電線を這わせれば良い。
先日、極細線を買っていた。 AWG36 これが入手できる最小径電線。

image

極細電線の撚り線中の、更に細い1本を使用。


image
極細線をパターン添わせ、溶けた部分を橋渡しするように紙テープで固定。

image

2本のパターンをつなぐために、顕微鏡下での作業。
神経をつなぐようなイメージです。

image

簡易修理後の状態。

これで、動作良好。 その後1ヶ月以上問題ありません。
導電パターンに導体を載せて、テープで貼るという方法は、かならずしも応急修理ではありません。
EL(エレクトロルミネセンス)発光体などでも、普通に同様の接続法が取られています。

また、キーの接触抵抗は、一般的に数10kオームでも反応します。ですので、厳密(低抵抗)な接続は必要ありません。
ということで、このキーボードの修理は成功したと思っています。

あとがき


このキーボードは、動作感良好。 マウスも付いていて、テレビPCには欠かせない逸品。

耐水設計を売りにしています。 もしかしたら、今回こぼれたコーヒーを落とそうと、キーボードを振ったことが逆効果だったかも。
コーヒーを深部(端部)に追いやったのかもしれません。 そっと上から水をかけて洗浄したら、故障には至らなかったかもしれません。

 

キーボード

image
ロジクール ワイヤレス マウス 無線 耐水設計キーボード セット MK235

amazon

電線
オヤイデ電気:https://oyaide.com/catalog/

posted by 家庭用品修理士隊 at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2019年06月21日

ノートPCメモリ不具合を直した例

概要:

メモリを追加しようと、安価品を購入したところ、不具合。
画面が乱れたり、ハングしたり。 ⇒ 原因は部品はがれ。
半田修理して使えました。

 

8Gメモリ:

image

PATRIOT メモリ DDR3-1600 204pin SO-DIMM DDR3-1600(8GB) PSD38G16002S

3千円程度で8GBメモリを入手。(Amazon経由)
メモリは相性問題があって、機種によっては認識しないこともある。
けれど、商品レビューでは良好。

使えない:

メモリスロットに挿しても使えない。
WIN10のシステムでは8Gを認識しているけれど、外面が流れたり、ハングしたり。
2台でだめ。

不具合原因発見:

はずれを引いてしまったと諦めていましたが、なにかできないかとメモリを詳細点検。


image

すると、不具合を発見。

image

ピンボケですが、赤丸の部分の部品が、変な感じ。


image

キャパシタのような部品が基盤から剥がれて、はずれかかっています。
あまりに小さいので、肉眼ではよくわかりません。

 

image

基盤の剥がれた部分を細線で接続修理。

これで、メモリは良好に使えるようになりました。

この部品がいつ剥がれかかったのかは不明。
おそらく挿入時に自分で壊したのでしょう。

使えたPC:

・ASUS VC60 corei5 3210M
・Lets-note CF-J10 corei5 2410M

実験:

低電圧CPUでは使えなかった。


image

DELL E7440ではBIOSすら起動せず。
CPUが、corei5 4310Uなので、低電圧用メモリしか使えないようだ。

image

低電圧対応メモリ
低電圧対応用メモリは、PC3Lという表示で見分けることができる。

低電圧用メモリは、1.35v動作
普通版は、1.5V動作

普通版で使えるPCに、低電圧用を入れて使うことはできる。
低電圧用メモリは、1.5vで使え、1.35vまで下げても動作すると考えられる。

したがって、混用も可能だと思います。


image
DELL E7440


image

・ASUS VC60 corei5 3210M

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2019年06月04日

電子タバコ充電池のコネクタ修理〜Ploom tech+

マイクロUSBの受け側コネクタを交換しました。

壊れたコネクタ

電子タバコ

JTが出しているPloom Tech+(プルームテックプラス)
この4月からコンビニ等で販売されているようです。

3つに分かれる構造で、リチウム電池筒、煙発生部、たばこカプセルを入れる吸い口に分かれます。

コネクタ部
交換後の写真

充電池のコネクタには、アンドロイドスマホなど携帯機器で主流のマイクロUSBが使われています。
約15mm直径の側部の表面近くに付いているので、電極までの距離がありません。
これにより、プラグを差し込む際に無理な態勢になることがあると思います。
(斜めに入れると、プラグの金属筒部がコネクタ横に当たりやすい。)

コネクタ比較

壊れたコネクタ(上)と、交換に使ったコネクタ。
壊れたコネクタは、左右の2本がなくなっています。

電池筒部分解

筒部

隙間を作る。

ネジなど無く接着されているかのように見えるので、分解はきびしいかと思いました。
ですが、単に挿入されていました。
隙間を広げて動くことを確認。

電源スイッチ

電源スイッチを押さえて、ひっかからないように筒の隙間を開ける。

 

抜けた筒

筒がきれいに抜けました。

image

制御基板には、圧力センサ(円盤状)とICがついていました。
ここで、吸った時だけ煙発生部へ電気を供給します。
ICは、吸った回数でLEDの色を変えたり、リチウム電池の制御をおこなうのでしょう。

コネクタ

マイクロUSB基盤は、コネクタを固定することと、ダイオード、抵抗がついているだけ。
基本的に、プラス、マイナス2本のみ使用。

コネクタ交換

部品探し

マイクロUSBの受け側コネクタを交換すればよいのですが、ちょっと特殊な形状です。

金属ケース部から伸びる金属片で基盤に固定。
電極は、2個、3個で上下配置。まるでオリンピックマークの様です。

usbコネクタ

見つけた代替品

ネットや秋葉原の店頭で探したものの、結局まったく同じものは見つかりませんでした。
多くは基盤に取り付けるので、5本の電極が一直線上に並んでいます。
あと、もっと高さがあります。

唯一見つけたのが、上の写真の右側のコネクタ。 秋葉原のAITENDO(アイテンドー)で発見

image

AITENDOの通販

あとでネットでも同用品が売られていることを知りました。

たぶんこれ?(電極は同じ)

交換時の加工

挿入部を削る

挿入部を削る。

交換したコネクタは、挿入部が開くように突出しています。
この部分が当たって、組み込めません。
そこで、ルーター(ダイヤモンド円盤やすり)で削りました。

組み立て

動作確認

組み立て前に動作確認。 充電できてます。

筒を戻す

あとは、挿入してゆくだけ。
シリコンパッドなどの位置には気を付けます。

image

供給ピンの出具合と、吸入圧力センサ用穴を調整。

電子タバコ感想

私はもともとタバコを吸う習慣がありません。
今回動作確認もあって、試しに吸ってみました。
すると、これは新たな嗜好品だと感じました。
鼻から吸っても、きつい感じがないので、コーヒーの香りを楽しむような感じが近いです。
ニコチンは入っているようですが、わかりません。
5個入りカートリッジの4本目まで吸ってみましたが、新たな箱を買うには至らないと思います。
タバコを楽しむには、意思と努力が必要なのでしょう。たぶん。

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
タグクラウド
ページトップへ戻る