2022年10月28日

ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。

中古で買ったノート PC ですが、2in1の軽量高性能タイプです。

image

不具合状況 : 異様に熱い。

内蔵メモリーを8 GB から40 GB に大幅拡張。
メイン機として使っていこうと思っていました。
ところが電源を入れるとすぐに底面が異様に熱くなります。
20年前などはこういう感じのノートパソコンもありましたが、今はそういう時代ではないはず。

特に性能が落ちるとか、電池の持ちが悪くなるといった感じはないのですが、とにかく異様に熱い。
バッテリー動作でさえすぐに熱くなる。
あと気づいた点としては、外部ディスプレーをつなぐと、ファンが高速回転する。

対策: 排熱を改善できないか検討。

image

底面のネジを外せばパカッと外れました。
ネジの数は多いのですが、マグネシウム製のためか外しやすいほうだと思います。

image

何をしようとしているかと言うと、熱くなるのは CPU 。
この部分を冷やす、いわゆるヒートシンクを外して接触状態を見てみようと思います。

なにか不具合があるかもしれません。

image

CPUクーラーは、ヒートパイプ、排気ファンと一体で外れます。

するとここで何かおかしいと感じました。
CPU の部分に熱を伝えるペーストが付いて残っているのですが、右側の黒い部分にはそれが見当たりません。

おかしいな。
CPU の中に島があるのは普通で、 小さい方はグラフィック担当の CPU だという認識があります。
( CPU Core(TM)i7-8565U@1.80GHz )

image

そこでヒートシンクを裏返して当たり具合を確認してみました。

すると明らかにおかしいと感じました。

大きな島の部分は確かに接触していますが小さな島(1)の方には全く接触していないどころかヒートパイプの黒色(2)で絶縁されています。

写真の左側の方が逆に余っていて本来この余った部分(3)が小さな島(1)の方に位置しているはずだと思われます。

しかしネジの部分は合っているので何らかの不都合でしょうか。

ヒートシンクの型番の違いか、それとも CPU の配置の設定の問題か。

いずれにしてもこのままでは小さな島の部分は、全く熱伝導が無い状態。
わずかな隙間から空気に熱放散されるだけです。

image

不具合説明断面図:第1の島(LAND)とヒートシンクとの間に隙間(Crealance)があり、全く熱伝導されない状態。

改善策: 隙間に銅板を追加

image

対策として、小さな島の部分がヒートシンクに接触するように銅板で隙間を埋める。
これにより小さな島部分が熱伝導しヒートシンクに熱吸収させるようにする。

image

50mm X 50mm 厚さ0.1mmの四角形銅板を、二度折りたたむ。
ヒートシンクとの当たり高さが、大きな島と同じになるように調整。

image
ヒートパイプ部分に銅板が直接接触するように塗装(テープ)を削り取る。
そして、サーマルペースト(導熱クリーム)を塗る。

image

銅板(Cupper Seat)を挿入した部分の説明図

image
この処置により、底面は熱くなくなりました。
体感で極端に温度低下を感じます。
起動時にはファンが回らない状態まで改善。

参考:他のPC

image
参考のために別のノートPCのCPU放熱部を見てみました。
この場合、二つの島はどちらもしっかりヒートシンクに接触していました。
これが正常だと思います。

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2022年10月21日

6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。

フィルター水栓

image

キッチンの混合水栓とは別についている浄水器蛇口
水は勢いよく出るし、塩素臭も減っているので効果はある。

でも6年以上使っている。
フィルターなんだから、詰まるまで使う派。
「交換時期ですよ!」といったパンプレットが投函されているけれど、安くはない。
「1年に一回がおすすめです」というけれど。 そうなの?

とりあえず久々に交換してみたので、フィルターの汚れ具合(除去物質)を確かめようという好奇心で大きなフィルターを分解してみた。

交換

image
フィルターは、シンク下の配管部分にある。

image

丸いつばの部分を引っ張れば、防水ロックが外れてポンッと抜ける。
取り付けは差し込むだけ。
入る部分と出る部分は径が同じなので、どちらでも入る。
外側(緑)が入り口で、中央(灰色)が出口。

image

交換のしかたは箱に図解がありました。

image
外したフィルター(右側)


分解
image

外部構造は単純で、青(水色)の底キャップ部分を回せば取れそう。

ところが固く閉まっている。
大きな万力(バイス)などの器具がないと全く回らないだろう。

そこで、少しずつ切ってゆくことにする。
image
超音波カッターで切れ目を入れ、カッティングプライヤで切り取る。
オーリングが見えてきた。(黒い部分)
しかし硬い。細切れでしか取れない。

image

結局、ハンダゴテの先を刃にして円周上に切り取る。

 image
キャップを外して現れたのは真っ黒な物質。
そう。活性炭ですね。

image
活性炭のなかから出てきた小さな筒。これは何?

image

これもフィルターっぽい。

image
なんだか繊維状のものが入っていました。

image

これも切ってゆく。 ぎっしりと詰まった繊維状フィルタ

image

その端は樹脂で固められている。

image
拡大すると繊維を固めて、中空になった部分まで削り出した構造。(中空の円形部分は穴が開いている)
この部分から染み出してくる。

image

なるほど。 中空糸フィルターですね。
糸状の外側から水が染み込み、内部から抜ける。

image
構造単純化図解

感想

予想した汚れは感じられなかった。
まだまだ使えたかもしれない。

使用場所:東京都墨田区 少なくとも6年間使用。
ペットの金魚等水性動物の世話用にも使ったので、使用量は多め。

image

6年たっても塩素臭の除去は感じられたけれど、その他にもいろいろな有害物質を除去しているようだ。
これらのいくつかは五感で感じ取れないのかもしれない。


image
飲用だけなら汲み置き式がわかりやすい。
フィルター交換時期が液晶タイマーでわかる。

ブリタ浄水器 Amazon

クリンスイ浄水カートリッジ Amazon

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2022年06月24日

超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。

ハンディーファンを初めて購入

image

超小型ハンディーファン。 ホームセンターで売っていた中での最小。高さ13cm

USBで充電出来て、風量調整は強弱だけでなく、間歇式にもできて、この場は18時間動作。
結構使えます。 静音なのでこれはもはや立派な実用品。超小型扇風機です。
数年前はおもちゃだと思っていましたが・・

image

実用品が夏は日用品になる。そうなると気になるのがグリルやファンに着くほこり。
ところが、この製品はグリルを外せない。

少し大きなファンでは外せる設計なのですが。

グリルを外せるように改造

分解してみたいし、この際グリルを掃除できるように改造してみよう。

image
分解してみました。 なにかの部品が落ちてきました。

樹脂製ボディーの爪をはめ込むタイプ。 ねじは無し。
しかも、リチウム電池両側が両面テープで留めてある。

これは分解難易度が少し高いです。
無理に開けようとすると壊します。

image

リチウム電池の両面テープをファン側だけに着くようにすれば、前面グリル側がパカッという感じで取れました。

image

分解時に外れてきた部品は、電線押さえ。
電池からの電線が、ファンの回転時に接触しないように電線をファンの下へ這わせる抑え部品。

image

この電線部品押さえは、ファン側に戻しておきます。

グリル部切断

 

image

前面グリルは電池カバー(ハンドル)と一体化している。
これでは簡単に外せない。

グリルだけ切断分離しよう。
糸鋸(いとのこ)で切ってみよう。

image

切断部に丸みがあるので、少しやりにくい。
けれど樹脂(プラスティック)なので力はいらない。

image

ファングリルと電池カバー(持ち手)部分の分離成功。 切断面のバリはカッターで処理。

改造後

  
   
image

グリルと柄を元のようにはめ込んだところ。
見た目は元と一緒ですが、全面グリル部分は外せるようになりました。

    
    
 image
グリルを外すには、 はめ込まれた4箇所の爪を割りばしなど、尖ったもので押してやれば外せます。

image
外せるように改造したハンディーファン


posted by 家庭用品修理士隊 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(11/29)★ 超廉価デジタルノギスの改造・・・使用電池をLR44→単四に。
(11/24)★ ハンマー機能を活かしたい…旧いドリドラのコンバートリペア。
(11/19)★ DCアダプターのプラグ断線を修理。
(11/12)★ リチウム電池が破裂!…ドリドラの充電池を交換。
(10/28)ノートPCが異様に熱い。 CPUクーラーに銅板追加で改善。
(10/21)6年使った浄水器カートリッジを分解してみた。
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
タグクラウド
ページトップへ戻る