2017年09月23日

着火用ライターに火がつかない。 原因は圧電素子

 

チャッカライター[4]

ガスコンロなどに着火する先端の長いライター。キャンプなどでも良く使われます。有名メーカーのものですが、全くつきません。

ガスが残っている

ガスは半分以上残っています。

先端にガスは行っている

先端に別のガスライターで火を寄せると、着火しました。
ガスは来ているようです。

何とかならないか。分解してみましょう。

分解した所

分解は簡単です。 プラスチックのレバー部品の配置を忘れないように。
普通のライターのガス口先端に、細いチューブ(管)を付けて、先端へガスを送る構造です。
着火部分を調べる

着火部分が不良のようです。
先端の金属部を分解してみます。

先端部分

先端部分は、プラスティック筒で支えられ絶縁されています。周りを金属が覆っている。
先端をはんだ付け

先端へ高圧を送るリード線が接触不良? 半田付けしてみる。

組み立て

組み立て。 真ん中にガスを送るチューブ、まわりにリード線。 ねじれがないように挿入。

仮組立で点火させてみます。 しかし、火花は見えるのですが、点火しません。

 


発電部

どうも火花が弱い感じです。
普通の使い捨てライターから、発電部を取り出して、これを使ってみます。
image

発電部先端の青いゴムキャップを外しました。

仮組立

組み込んだところ。 リード線の這わせ方によっては、変なところで放電してしまいます。

チャッカライター

最終組立して試験。 良好に着火しました。

発電部[5]

発電部は、左の突起を押すと、ある位置でスプリングが外れて、右側部分の圧電素子に打撃を与えます。

ロッシェル塩

圧電素子先端を回して外すと、使われたロッシェル塩でしょうか、粉のようになっています。
火花が弱かったのは、これが劣化したのかもしれません。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年08月25日

白熱球をLEDに交換しました。東京都

ledに交換しました

交換して得たLED電球。 ちゃんとしたメーカー品でした。 60W型か40W型が選べました。
発色も選べたような気がします。 自分は電球色が好きなので。

60Wにしました。 早速洗面所で使っています。
お店では、1980円で売られていました。

image

あー ちゃんと名前と住所を記入し、免許証で確認されましたよ。
交換は一人一回だそうですから。

もらったLED

もらったとき袋には、東京都のチラシが入ってました。 入れて下さいと指示されているようです。
電気店

交換は、区内の指定電器店のみ。 あちこち探しました。 こんなところに電気屋さんがあったんだ。

墨田の電気屋

最初は近くの電気店に行ったんですが、外出中

白熱電球二個

東京都の政策で、白熱電球二個をLEDに交換しているので、電球をもって散歩がてら電器店にゆきます。

 

https://www.tokyo-co2down.jp/individual/ecoother/LED-2/index.html

 

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年08月06日

扇風機を散髪(網の間引き)

扇風機の網

掃除機の網です。
今は網を組み立てるので、この状態には簡単にできます。
なんで外してあるかというと、ほこりを掃除したからです。

なんだか、風が弱い割りに音が大きい。と思ったら、ほこりまみれでした。
特に裏側。(見せられないほどの埃詰まりだったので写真写しませんでした。)

ここで思いました。 こんなに細かい網が必要なのかと。
これを切って並べたら、相当な面積になります。半分はゆかないとしても、1/3くらいあるかもしれません。

こんなに細かいのは、子供とか指を入れてケガするからでしょう。
昔の扇風機は、もっと目が荒かった。
image

google画像検索「昔の扇風機」より

いっそのこと網を外してみよう。

扇風機の網を外す

扇風機の網(ガード)を外してみたら、すっきりして風が静かに強くなりました。

これでしばらく使っていました。(2週間くらい)
これで気づいたのは、微弱でつかっていれば、羽に触っても大していたくない。
特に正面は構造上坂を上るような形状なのでいたくない。
ただし、裏は触ると痛い。 でもケガするほどではありません。
これでゆこう。 と思っていたのですが、床掃除中に顔が羽の側面に触りそうになってハッとしました。
やっぱり危ない。
扇風機の網の間引き

それではと、網を間引きしてみました。 ところどころ残してあるのは、ほこりの付着状況を見たいためです。

まびき

鉄なので、硬いのですが、一方をカッティングプライヤなどで切って、持ち上げれば片方は簡単に折れます。

 

プラスティックの扇風機ガード

ガードがプラスティックの場合は、簡単にカッターで切断できます。

image

元の網目

 

まー効果はともかく、見た目はすっきりしました。散髪したような。

posted by 家庭用品修理士隊 at 17:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る