2022年05月05日

自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分

image

家の整理をしていたら、出てきた空気入れ。
あらー 長く自転車を使っていなかったので、いつのまにか存在すら忘れていた空気入れ。
捨てるにも粗大ごみ。 面倒だなー

image

分解しても小さくはならないし。

相当前に買ったと思うのだけれど、覚えていない。
どういう基準で購入したか。

それにしても異様に軽い。

あれ??これは樹脂製だ(プラスティック)
それにしては、劣化がない。

先端を含めすべて樹脂製だ。
それなら切れるのでは?

image

ということで、小さなのこぎりで切ってみました。

image

切断はサクッと2分もかかりません。

image

パッキンもしっかりしていて、空気漏れなし。
良い製品でした。

image

燃えるゴミで出しました。
いままでありがとう。


オール樹脂製空気入れ。

posted by 家庭用品修理士隊 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分

2020年12月20日

「パソコンを無料回収」本当にたすかりました。

image

ダンボールに詰め込んだパソコン8台

使わなくなったパソコンが捨てられず、いつのまにか二桁台数に。
パソコン無料回収サービスをする会社があることは知っていましたが、大丈夫だろうか?という気持ちでいました。
ですが、一度試しにということで、大きなダンボールに自作パソコンを含むノートパソコンなど計8台。

ネットで申し込んだところ翌日に○○急便さんが受け取りに来ました。
ガラガラと台車を押して。
20kgまでということで、量ったら22kg。 重そうな1台を抜いて、「これは次回にしよう」

image

デスクトップパソコンは本当に邪魔。処分に困ります。
当時は最新のpentium4。dual displayにして、PDドライブとか、IEEE1394とか懐かしい。

マックノート、Epson pc386-nw2とか、知る人ぞ知る名機(と思いたい)pc9821も。
HDDを外すために分解したものもあり。

こんなにいいのかな。「リネットさんですね。無料です。」と、宅配便のおにいさんはあたりまえのように、住所の記入されたシールを貼って、「これは控えです。」と、シールの半券をくれました。

あらー 本当に指定日、指定時間に取りに来てくれました。

image

数日後に、回収品到着というメールが来ました。
あらー なんか問題あるかなー と少し心配していましたが、

image


さらにしばらくして、処理完了とのこと。

image

メールには、ありがとうございました。 とのこと。

金属といっても、収集、配送には相当なお金がかかっているはず。
それを超える価値があったのでしょうか。 ちょっと心配です。
確かに、微量ですが金など貴金属が入っていることはわかりますが。




翌月、大きなダンボールにようやく入るほどの重量ラジカセを送付手続き。
PCがあれば同時に小型家電品も回収するということなので、これも試しました。   
隙間に古いノートパソコンを2台入れ、古い周辺機器も一緒に送りました。 また無料で処理してくれました。 助かります。 部屋が広くなった思いです。

使わせていただいた回収サービス 「リネットジャパン

posted by 家庭用品修理士隊 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分

2014年10月08日

ハロゲンヒーター廃棄処分

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターって、一時期すごい売れ行きだったと思います。
そのうち、リモコンが勝手に作動するとか、ヒーター管が割れるとかのせいでしょうか、最近は全く見ません。
 

3年前位に分解して捨てた写真がでてきたので、せっかくなのでアップします。

ネジ外し

 

ネジを外します。

 

首振り振り機構

首振り機構と、この黒いのは転倒検出スイッチ。

 

温度スイッチ

温度スイッチ オーバーヒート検出用でしょう。

 

温度ヒューズ

温度ヒューズは別にあります。

 

転倒検出

転倒検出は、マイクロスイッチに鉄のボール。
シンプルでいいですね。

 

グラスコード

ヒーターまわりの配線はグラス被覆です。

ゼンマイタイマー

ゼンマイタイマー

おもり

下部におもりが入っていました。

 

分解

分解廃棄 まだ大きい部品があります。

ジグソー

1980円くらいで買ったジグソーで試し切り

 

ばらばら

これで捨てられます。

ヒーター管は、とってあります。
なんか使えそうなので。

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村


家庭用品 ブログランキングへ


家庭用品修理士隊

posted by 家庭用品修理士隊 at 18:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 粗大ごみ分解処分
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。
タグクラウド
ページトップへ戻る