2017年12月22日

★ "強制パワーセーブ差込口付 テーブルタップ"。

以前作った "半波整流式電圧降下器"は思ったより使い勝手は良くなく、それより単に"On-Off機能"の方に用途があるので、もうとっくに元に戻してしまいました。

そしてそれに替わるモノとして、三口のうち一つを"パワーセーブ専用差し込み口"としたテーブルタップを作りました。





この型のテーブルタップは遥か昔から売られていますが、本来無免許工事では壁などにコンセント(差込口)を取り付けてはいけないはずなのに、さも何かに固定して使うようにデザインされているのは甚だ疑問でありますね。



お約束事!

※こんなおバカな事を真似される方は四方やいらっしゃらないでしょうが、もしや実験・使用されるときは、全てにおいて自己責任で行って下さい。






片方の金具を引っこ抜き、ミニルーターで切断し一口分を分離。





そして、分離した部分をダイオードでブリッジして組付けます。

ダイオードは耐圧10A(瞬間600A?)-1000V→データシートのモノを使用しました。





テスト 60W電球にて ※同条件(F=8・S=1/40)で撮影

------------------------------------------------------------



先っぽの二口は100Vそのままです。





手前側の一口は半波整流されているので、半分の電圧しか掛かりません。



電動工具などで使用した場合、電圧が半分だからと言ってパワーも半分になると言う訳ではなく、ディスクサンダ(ベビーサンダー)や丸ノコだと体感で60〜70%位の感じでしょうか。趣味工作に使用する程度ならちょうど良く、フルパワーが必要なときはコンセントを差し替えればOKです。



元記事:http://blacksmith.wp.xdomain.jp/2017/12/22/4549/‎



posted by 家庭用品修理士隊 at 22:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん

2017年11月27日

★ 考える事は皆同じ・・・"Key Ring Screwdriver"。

以前は、ペンチの付いた"ミニツールナイフ(※ナイフの刃先は切り詰めて丸めてあった)"をキーリングに付けていました。しかし、昨今はどんなに小さな刃物や、たかがドライバーごときでも携帯していたら検挙の対象・・・なぁんて世知辛い記事を目にするようになって、流石に常時持ち歩く事はもう控えています。

そこで、↑こんなモノを考えて悦にいっていたのですが・・・、先日Youtube"DIY"タグ動画を徘徊していて↓の動画を見つけました。 (展:weaponizer m氏 "EDC - How to make Key Ring Screwdriver Multi tool DIY") いやはや、所詮自分如きが思いつく事などとっくに何方かが実践されているのでした(市販もされていたとは...)。 ちょっと一工夫:市販品や上の加工では、ビットの真ん中にキーリングの通る穴を開けているのでクルクル回りそうです。自分のは(-)側を短くして偏芯させ、(+)側の頭が常時外側に向く様にしました。

意外と持ちやすく、リングが支点になって力も掛けられます。

こんな小さなドライバーでも、"ここ一番"に有ると無いとでは大違い!。

上のが加工前と同じモノ。金色のメッキは加工途上で剥げてしまったので、"謎の黒染め液"で後から黒鉄色に染めました。 元記事:http://blacksmith.wp.xdomain.jp/2017/11/27/4503

posted by 家庭用品修理士隊 at 19:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん

2017年06月17日

★ はじめての"プラリペア (しかし 似非)"。



"アクリルリキッド(表示成分:メタクリル酸
エチル)・アクリルパウダー"は100均でも入手可能ですが、今後のことも考えネイルアート用で売られている容量の多いモノを買いました。

型取り用の"おゆまる"はダイソーで、ニードル付ボトルはホムセンの園芸コーナーで(1ヶ¥40)で入手。アルコールは脱脂用です。





この欠けた所を修復したいのです。





続き>>>



posted by 家庭用品修理士隊 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍛冶屋さん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る