最近の記事

2017年09月23日

着火用ライターに火がつかない。 原因は圧電素子

 

チャッカライター[4]

ガスコンロなどに着火する先端の長いライター。キャンプなどでも良く使われます。有名メーカーのものですが、全くつきません。

ガスが残っている

ガスは半分以上残っています。

先端にガスは行っている

先端に別のガスライターで火を寄せると、着火しました。
ガスは来ているようです。

何とかならないか。分解してみましょう。

分解した所

分解は簡単です。 プラスチックのレバー部品の配置を忘れないように。
普通のライターのガス口先端に、細いチューブ(管)を付けて、先端へガスを送る構造です。
着火部分を調べる

着火部分が不良のようです。
先端の金属部を分解してみます。

先端部分

先端部分は、プラスティック筒で支えられ絶縁されています。周りを金属が覆っている。
先端をはんだ付け

先端へ高圧を送るリード線が接触不良? 半田付けしてみる。

組み立て

組み立て。 真ん中にガスを送るチューブ、まわりにリード線。 ねじれがないように挿入。

仮組立で点火させてみます。 しかし、火花は見えるのですが、点火しません。

 


発電部

どうも火花が弱い感じです。
普通の使い捨てライターから、発電部を取り出して、これを使ってみます。
image

発電部先端の青いゴムキャップを外しました。

仮組立

組み込んだところ。 リード線の這わせ方によっては、変なところで放電してしまいます。

チャッカライター

最終組立して試験。 良好に着火しました。

発電部[5]

発電部は、左の突起を押すと、ある位置でスプリングが外れて、右側部分の圧電素子に打撃を与えます。

ロッシェル塩

圧電素子先端を回して外すと、使われたロッシェル塩でしょうか、粉のようになっています。
火花が弱かったのは、これが劣化したのかもしれません。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年08月25日

白熱球をLEDに交換しました。東京都

ledに交換しました

交換して得たLED電球。 ちゃんとしたメーカー品でした。 60W型か40W型が選べました。
発色も選べたような気がします。 自分は電球色が好きなので。

60Wにしました。 早速洗面所で使っています。
お店では、1980円で売られていました。

image

あー ちゃんと名前と住所を記入し、免許証で確認されましたよ。
交換は一人一回だそうですから。

もらったLED

もらったとき袋には、東京都のチラシが入ってました。 入れて下さいと指示されているようです。
電気店

交換は、区内の指定電器店のみ。 あちこち探しました。 こんなところに電気屋さんがあったんだ。

墨田の電気屋

最初は近くの電気店に行ったんですが、外出中

白熱電球二個

東京都の政策で、白熱電球二個をLEDに交換しているので、電球をもって散歩がてら電器店にゆきます。

 

https://www.tokyo-co2down.jp/individual/ecoother/LED-2/index.html

 

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年08月18日

電球型蛍光ランプのリコール

最近ポストに以下のチラシが入っていました。 内容はごくまれに内部のコンデンサーの破裂により電球のカバーが分離して落下する恐れがあるので回収したいという事です。 最近は新聞のリコール欄も余り見ないので全く初耳でした。
当然ながらメーカーからも情報発信されています。
 
この電球どこかで見た事あるなぁと思っていたら、確か大分以前に家でも使っていたものでした。
不具合対象商品がTOSHIBAだけでなくHITACHI、SANYO、NECも含まれているので結構な数ではないでしょうか。
 
P7270865
 
家でしばらく使っていましたがそのうちLED電球が普及しはじめて、LEDの方が長い目でみれば電気代が安いので得だと思って交換して、取り置いてました。(今から思えば、初期のLED電球は短命なものが多くてコスト面からすれば、このまま電球型蛍光ランプを継続使用し、LED電球の品質が安定した頃に交換するのが賢明でした)
型番等を照合するとリコール対象商品と一致するので、受付センターに電話してみたら新しい商品を送るので着き次第に古い商品を送料着払いで返品してくださいとのこと。
まだ電球型蛍光ランプは製造しているのですか?と聞いたら、もう製造終了している物も数多いのでその場合は同等のLED電球を送らせていただきますという返答です。
 
P7270864
 
LED電球が送られてこないかな?と期待しつつ待っていたら、数日後にキチンと送られてきました。
 
P7270866
 
一個は蛍光電球で、もう一個は嬉しい事にLED電球でした。
たった一枚のチラシでしたが、捨てずに目を通しておいて良かった。
 
P7270867
 
電球型蛍光ランプは(例えばAUDIO機器のMDのように一時的に流行りましたが)、じきにLED電球に押されて時代の流れですたれてしまいました。発色は好きだったんですが、電源投入から既定の照度になるまで時間を要するので頻繁にON/OFFするような場所には不向きでした。(例えばトイレなど)
商品のリコール情報は、エアコンなどの高価で大きなものは家電量販店等で購入すれば、顧客登録されているので、気が付かなくても知らせてくれますが、こういう小さなものは消費者側が日頃注意してないと見過ごされてしまいます。 
 
posted by 家庭用品修理士隊 at 22:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜のTさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る