最近の記事

2021年12月12日

ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好

image

真ん中からポッキリ折れたメガネ(凸レンズ、近業用、老眼鏡)

手元の作業をするときに拡大視できて便利。
安かったので、度の違うものをいくつか買っていました。

先日使おうとしたら、ポキッという感じで折れてしまいました。
別のメガネで、あー弦(つる)の部分は柔軟性があるプラスティックなんだーと確認。
レンズは硬質プラスティックでー レンズ枠がー これはアクリルかなー と、少し曲げたらこちらもポキッ。 経年劣化が来ています。

ありゃー。 たまにしか使わないけれど、ないと不便。
レンズは問題ないし。買い換えるのはくやしい。
修理しよう。

image

目の間隔は、約70mm。

金属枠をつけるか。板をネジ留めするか。接着剤ではすぐ割れるし。

image

それで使えるのでは?と ピンときたのが傘の修理部品。
以前買っていたものの、壊れる折りたたみ傘には使えないものばかり。

image

これのサイズ感がメガネの中央に合いそう。
レンズの部分にかかる金属部を押し曲げると、抜けません。

image

修理後のメガネ

さすがに傘を修理できる金属(軟鉄)なので、しっかりしていて実用強度が十分にあり。
しかも金属部は、鼻にあたらない微妙な位置に。 いいじゃんこれ。

image
ついでに、折れていないもう一本にも補強で使用。
壊れる心配がなくなって、ちょっと満足感。

posted by 家庭用品修理士隊 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2021年11月17日

事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。

破損状況

image

テレビを見ようと、ゆったりモードになって背中に力を入れたら・・

椅子の背もたれがガクッと。
止めネジが切れた。

ネジが切れたら、背もたれが抜けてくる。

image

止めねじは、背もたれの位置を調整できるように、取っ手付き。

よく見ると、切れたネジには空洞がある。
溶接が甘いのかな。

とにかく、これでは使えない。
ネジだけ調べると、部品として売っているところもある。
でも、使えるかどうか・・

家の中で、使えそうなネジを探す。

椅子を新たに買うか。そうするとこれは捨てか。

迷う。

とにかくネジ止めすれば、とりあえず使える。

image

おっ。 これは!

ぶら下がり健康器。
昔買って捨てられず、今もときどき懸垂している。
足元に、ステッパーが付いていて、これだけ邪魔で外して・・捨てていました。

image
昔流行っていたステッパー付きぶら下がり健康器。

image

で、ステッパーが付いていた部分にはネジを残していたので、ナットと共にこれを外す。
ネジは、再取り付けするかもしれないと思い残していてよかった。

ちょうどナットでネジの長さを調整できる。
壊れたネジの長さに合わせられる。

復帰

image

現役復帰。
安価な椅子ですが、機能に問題なしです。
今度はネジ部の空洞は無い(ありえない)ので、安心感が増しました。

ちなみに、キャスターはフローリングをひどく傷めますね。
付属していた平面足に換えています。

posted by 家庭用品修理士隊 at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2021年10月13日

ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。

故障状況: 着火しない。

image

超小型のバーナー。 ライターと同じ感覚で高温の炎が出る。
しかも。燃料は100円ライターそのものを差し込んで使う。

とても便利なので、誤作動防止のピンまで付けて、お気に入りツールとしていたのですが。

久しぶりに使おうとすると、着火しない。 ガスの出ている音はする。

image

先端の火花を確認すると、パチンと着火操作をしたときに一応出ています。
なぜ着火しないのか。

原因:火花不足

image

分解しても単純すぎて、手が出ない。
修理策を思いつかない。

とにかく、ガスに火花。
タイミングが悪いのか、火花強度が足りないのか。
何度か着火動作を観察していると、先端ではない途中で放電することを発見。

image

変なところで小さな火花が出ている。

修理:火花強化策

image

そこで、絶縁用に樹脂はないかと探したら、綿棒の軸がちょうどよい。

image
着火系統

image

導線を抜いて(先端で折り曲げているだけ)(1)綿棒の軸をかぶせる。

(2)ついでに針金をつかって、バーナーの金属部を着火具の金属に直接触れさせる。

絶縁の効果はあって、無駄な火花は消えました。

針金の効果は不明です。 きやすめ。 高圧すぎるので、火花の挙動が不明なため。 アースを取るイメージ。

image

とにかく、火花強化策には効果がありました。
何度やっても着火します。 それがあたりまえか。

ホームセンターで見たときは、余っている簡易ライター(使い捨て)が有効利用できると思ったのですが、使えるのは一定の型でした。
要するに専用ライターが必要でした。(別売りあり)

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事
(06/24)超小型充電式ハンディーファン。グリルを外せるように改造。
(05/15)スチールラックの高さ調整・改造にパイプカッターが便利
(05/05)自転車用空気入れを、燃えるゴミで処分
(02/05)チャック引手の根元が折れてしまったときの応急修理例
(01/10)湯たんぽ蓋のオープナーを作る。3Dプリント
(12/25)AC電源テーブルタップ。プラグ差し込みを強くする。
(12/12)ポッキリ折れた近業用メガネ(老眼鏡)・傘部品で修理良好
(11/17)事務椅子の背もたれ壊れ。余分なネジを探し出して修理。
(10/13)ポケットトーチ(小型バーナー)が着火しない。綿棒で修理。
(10/01)ミラーレス一眼レフを踏んでしまったら画像が・・
(09/25)★ レトロな扇風機のお手入れ。
(09/19)グラタンを吹きこぼしたトースター
(08/19)便利小ネタ。 郵便受け扉ラッチひっかかりに鉛筆の芯が有効
(08/07)アマゾンで購入した家電品を保証修理
(07/02)ホットプレート 電源ランプ修理・改造
(06/08)ドライバの先端を磁石にしたり、除いたりを簡単に。着磁・脱磁
(05/18)スイッチ付きボリュームのスイッチ不良原因。
(05/16)伸び縮みする捕獲あみを作る。 市販品の組み合わせ。
(05/10)スイッチOFFで作動する〜電気ストーブの故障修理
(05/04)チンタイマーを活かす。サーキュレータに取り付け。


タグクラウド
ページトップへ戻る