最近の記事

2019年03月15日

電力メーター交換。停電なしでどうやって?

image

電力量計交換:写真は交換前


要するに電気の検針メーター。 10年に一度は交換があるようですが、普段家にいないといつ交換されたか気にかかりません。毎月メーターの検針もされているはずですが、意識に無いですね。

今回は、たまたま家にいて、ピンポンされたら重装備の若い男性が立っていて、電力メーターを交換すると言います。
え? そんなのあったっけ。 聞いてないような。 停電するのに。

良く聞くと、外で作業するだけですし、停電もしません。 といいます。
あー そうなんだ。
えー でも、メーター交換するなら、電気は切るでしょう?

というわけで、ちょっと見学させてもらいました。

image

取り付ける新型メーター

今回は、単なる定期交換ではなく、毎月の検針作業が不要ないわゆるスマートメーター。
使用電力がデジタル化されて無線で送信されるようです。
なるほど。 これをつけるわけか。 フーン。でも電線外さないと交換は無理でしょう。

image

古い電力量計を外す作業

交換するためには、古い電力量計(電力量メーター)を外すわけですが、その前に何かを取り付けています。

あー なるほどー と気づきました。
「これって、バイパスですね?」 「そーです。」

image

入力側の電線が、電力量計を通過して、出力側(家庭)へ流れます。
3本あるのは、単相100ボルトと、単相200ボルト用のため。

image

端子カバーを外すと、電線と端子が現れます。

image

カバーを外してあらわれた電線部分に、パイパスジグ(冶具)を取り付けて、電力量計の手前で直結させてしまおうということです。

バイパス冶具を取り付けて、ネジを締めてゆくと、電線に食い込んで導体に噛みこみます。
噛みこみが足らないと接触不良を起こすので、噛みこみネジは2本あります。

image

電線バイパスのイメージ
電線をバイパス(迂回)させることで、入力側の3本は、そのまま出力に直結されます。
image

電線は、パイパスされていますので、メーターを外しても停電になりません。
そして、新型を取りつけ、バイパス冶具を外せば、電力量計無停電交換が完了です。

image

交換見学させてくれたイケメンの作業員さん。ありがとうございました。

ちなみに、装備に注目すると、ドライバはプラス用、マイナス用に電動ドライバを二本差ししていました。先端の金属部分は、テープで絶縁されていました。(ショート・感電防止)
あと、交換作業中はゴム手袋を装着。(作業性悪いですが感電防止ですね。)
そして、ヘルメットは全面透明カバー付き。(さすが。万一ショートすると、電線が爆発的に火花のように飛び散りますからね。)

ちなみに、バイパス冶具を付けてネジを締め込むと、電線の被覆がはがれ芯線がむき出しになります。
上下2カ所。 すると、そこへあたりまえのように保護キャップを取り付け、さらにその上に保護カバーが取り付けられました。 安全面は考慮されていますね。

ということで、一つ勉強させていただきました。
ありがとうございました。

注:上の記述は、作業を垣間見ただけの個人的に理解した想像です。確認したわけではありませんので、実際とは異なり、正確ではない部分があります。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 家庭用品勉強室

2019年03月11日

修理相談: お風呂のジェットバスポンプ

Messenger 相談メール:
お風呂のジェットバス(タカラスタンダード。ヘルシージェットポンプ。HJP300)時間設定が出来ません、5.6秒泡出て止まります。今までは、15分のタイマーで使用していました。時間設定のネジが付いていますので、回しても直りません。なんか空回りしているんじゃないかと思います?直利ますか。お願い致します。


男の子 こんにちは。
うーん ネットで検索しても、どんな製品がわかりません。
かなり大がかりな工事が必要な装置のようで、情報が少ないですね。

すぐに止まるというのは、タイマーのせいかどうか不明です。
何か不具合を検知して、保護回路が働き、強制停止しているかもしれません。

それに時間調整のネジ? というのも良く見えません。
昔のタイマーには、そういう感じの調整があったかもしれませんが。
今どきは、ソフトウエアで設定するのでは?

ネットで、修理予約ができるようですの、メーカさんに見てもらうことをお勧めします。



image
http://support.takara-standard.co.jp/front/app/repair/repair_edit;jsessionid=17795A87298CB1046E2BD050E4EB92BB

posted by 家庭用品修理士隊 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理改造相談

2019年03月02日

ビールの泡立て器(SS式)の構造を勉強

ビールの泡立て器が付属している缶ビールセットを見かけたので買ってみました。
最初は使い方を間違えて、漏れてしまいました。
ちゃんと泡立てると、香りが引き立つことを実感しました。

SS式とは何? 分解してみました。 (すいません。好奇心に負けました。)
image

新手動SS式神泡サーバー

最初にビールが漏れたのは、缶にしっかりはめ込んでいなかったから。
わざわざ説明書が付いていて、それも両面ありました。
さっとみ見たのは裏面で、表面には缶へのはめ込み方が書いてありました。

SS式というのは、Screw Stirring(スクリュー撹拌)の意味でした。
スクリューで撹拌する。ということは、ねじやプロペラのようなものでビールをかき回すということでしょう。 なんだか珍しい感じ。

image

ねじ(4本)を外すと、簡単に分解できました。

ギヤがあって、レバーを押すと高速で回転。レバーは、指を離すとバネで戻る。
このときにもギヤーが回る。このときのギヤは逆回転ですが。
で、このギヤ回転でスクリューを回すわけです。
レバーを押してシャカシャカ音がする部分ですね。
手動SS式は、Shaka Shakaの略でもいい感じ。

image

スクリュー部が見えました。
スクリュー部は、串のような形状で、筒の中で回転します。

image

スクリュー部を拡大すると、枝部の前方にだけギザギザがあります。
いろいろ実験したんでしょう。

自社ビールだけ泡立つ? なんてことはないでしょうが。

ということで、構造がわかったので安心して使えます。
いろいろなビールで試してみるかもしれません。

image

ビールの泡は好きです。

 

本格式ビールサーバー

ビールは本物が一番おいしいと思います。
混じり物がないので、体に良いと思っていますし、
おいしくないビールを3本のむより、おいしいビールは1本で満足できるのでお得だとも思います。


posted by 家庭用品修理士隊 at 15:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家庭用品勉強室
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る