最近の記事

2017年03月28日

糸通しの修理

糸通し

糸通しが壊れました。
こういうものは、使う機会もありませんでした。
ナップザックの修理をしようとおもいました。
そういえば、裁縫なんて小学校の家庭科以降していません。

針はどこで売っているのかから探しました。
すると糸通しがあるのだと、これも購入。

ナップザックの修理

ナップザックを裏返して、穴を修繕。
糸を変えようと、糸通しを入れ、木綿糸を通して、糸通しを抜いたところで糸通しが壊れました。

ちょっと引っ張っただけなんですが。
糸通し修理

アルミの板に切り込みを入れて、細いピアノ線を挟んでいるだけです。
これでは引っ張りに弱くて当たり前です。

壊れた糸通し

糸通しが壊れた状態(ピアノ線が抜けました。)


修理

糸通しを修理する人などいないかもしれません。
ただ、改善策があるので、修理してみました。


糸通し修理[4]
板の切れ目に隙間を作り、抜けたピアノ線を挿入
これで、ペンチで抑えれば修理完了です。 が・・すぐ抜けるでしょう。

糸通し修理[6]
糸通しの根本のピアノ線を折り返す。

そこで、抜けないように折り返します。
ピアノ線を折り返す
折り返した部分が手に刺さるので、切り込み内に戻す

折り返しは手に刺さらないように処理します。

糸通し修理図示

糸通し修理[8]

最後に、ペンチで潰せば完了です。

 

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2017年03月13日

桜のマークの入ったLED工事灯

散歩中に見つけた工事灯です。
もうすぐ桜の季節ですが、なぜか工事等も桜でした。

桜のマークの工事灯

なにかの遊び心でしょうか。 花が光るイメージなのでしょうか。
無機質な光の点滅が多い中、一瞬やすらぎます。


さくら花フラッシュ灯


桜の花の工事灯で商品を調べてみたら、大きな桜型工事灯火がありました。
どこかの桜祭りで、車の誘導に使われるのかな。


posted by 家庭用品修理士隊 at 16:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 工事灯

2017年03月01日

SONY ラジオICF-SW100 電池液漏れ故障修理

ICR-SW100

綺麗な外観ですが、故障しています。
・リボンケーブルの故障が無い改良型。
・電源ONにしても周波数表示無し。
・無音。イヤホンを挿すとブツッっという音が聞こえるので、直流成分は出ている。
・キーボードONする前の設定である、時計と地域は変更できる。

電池入れ付近
上蓋を外し、リボンケーブルを見るが異常(破断)は無い。
電池入れ内部に、緑青の跡あり。 これはアルカリ乾電池特有の液漏れと思われる。

緑青
基板上の緑青
電池の液が基板の周囲に浸透していった模様。
側部分に緑青が生じている。

パターン切れ

緑青を削ってゆくと、一部に導体のパターン切れあり。

太い部分の欠け
かなり太い配線パターンも無くなっている。


修理

結局3箇所の切れ(欠け)があった。
迂回線(ジャンパー)で修理。
長いジャンパー
細い部分の切れは、再発を防ぐため全体を迂回ジャンプ。 (中央横黒線) 上の白線は、他所での修理と思われます。

修理成功
仮付しての動作を確認し、組み立て。 修理完了

1を押すと、メモリーされていた1224khzが受信された。
音声も良好。

他の修理例
ICF-SW100ラジオ。電源が入らない。

posted by 家庭用品修理士隊 at 10:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る