最近の記事

2018年06月26日

磁石に付く電線(不良品?偽物?)

image

テストケーブルの抵抗が1.5オームある。(長さ約1m)

image
普通は、上の写真の2倍の長さがあっても、0.3オームとか低い値です。(2.5m)

なんでこんなに抵抗値が高いのか。
image

クリップの接触が悪いのかと、カバーを外すと、電線を金属部でカシメている(つぶしている)だけ。
けれどはんだ付けしても大して変わりません。

この電線がおかしいと気づいたのは、電源につないで3A(アンペア)ほど流したら異様に発熱したため。
電線の全体が熱くなり、被服の樹脂がやわらかくなりました。

なんか変。 でも触ったり、見たりした感じでは普通の銅線のよう。

image

まさかとは思ったのですが、磁石につけると弱いですが付きます。
(マグネット20gが持ちあがる)
銅線では絶対に磁石には付きません。

テストケーブルは、秋葉原のどこかの店で購入したもの。
安いし、ちょうどほしかったサイズだったから。
でもこれでは、電流を流せません。(使えません。)

しかし、そもそもなぜこんな電線が存在するのか意味不明です。

磁石に付いて、高抵抗ですのでおそらく鉄が混じっています。
たぶん安価にできるからかなとは思いますが、まるで銅線の偽物。

電線は、大量に作られるので、どこかで同じものが流通していると思います。

普通の家電品に付いている100Vのコードと同様な太さです。 平行コード。
もし、このような電線を家電品の修理に使ったら、電線が発熱し火災などが起こる恐れがあります。
ちょっと危ないと思いました。

安価な電線を入手したときや、発熱する電線があったら、磁石で付くかどうか試してみることをお勧めします。


その後、amazonで安価品を購入するたびに磁石テストを実施。すると2製品で磁石につく電線がありました。

 

image

モジュラーコネクタ電線 安かったのですが、電線が磁石につきます。

image

中国からの製品は、最近では品質が高く、良いものも多いのですが。
えー悔しい。
image

もうないだろう思ったら、アルディーノ実験セットに入っていたジャンパーワイヤ(ブレッドボード用)が磁石に着きます。
こっちは本当に残念。 抵抗線と考えればよいのですが、見分けがつかないので実験がわけわからなくなるおそれあり。(全量廃棄ですね。)
→ その後、信号線に使うものは普通に使えます。(電流が小さいので、線の抵抗が問題にならない)
使用例>arduino nanoにブートローダーを書き込む

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2018年06月12日

フリクションボールペン詰まりを直す一例。

image

カバンに入れていたボールペン3本。 流行りの消せるボールペン。
摩擦熱で消えるので、Friction(フリクション:摩擦)消去式ボールペンなどと呼ばれているようです。
(商品名ではFRIXION)
3本もあるので、メモはいつでも安心と思っていました。
ところが、講習会に参加して、メモしようとしたら・・・
全部書けない。 なんで?

image

書こうとしても紙が傷つくばかり。
なぜ書けない? 新品で買ってそのままカバンに下向きにさしていただけ。

⇒ 結局先端の乾燥のようです。 どうやら普通の油性ボールペンや、消えない水性インクに比べ、乾燥しやすいようです。 ネット情報では、復活させた記事が多数でています。

それに習って、紙に水分を与えても全く効果なし。 コップの水に先端を漬けてもだめ。
ライターで炙(あぶ)ったら、プシューというような音が・・

あきらめればよいのですが、3本全部。しかも新品に近いインクの量。
ちょっとくやしいので、悪あがき。

image

結構以前から使っていて、インクが出ないのは初めて。
ずっと前に買った替芯は、なんともない。 ちゃんと書ける。
なんで? 先端にキャップが付いていますが、密閉ではなく、穴があいています。

とにかく、インクを先端に出したい。
で、昔の体温計(水銀式)のケースにぴったり入ります。
image

これで、両端を持って、回してねじって、 その後両端を引っ張ると勢いよく回ります。
中心からずれた長い方にペン先が来るように入れてあるので、水銀体温計のように遠心力がペン先に働くはず。

これを3回やってみたところ。 治りました。
思い切り回したので、指の皮が少し剥(む)けました。

image

書けなかったフリクションボールペンが、すべて書けるようになりました。
プシューと音がしたボールペンも復活しています。
なんとなく色が薄い感じはしますが。

教訓:
・フリクションボールペンは乾燥に弱いと認識すべし。
・カバンには、油性、水性、鉛筆などタイプの異なる筆記具を入れておくべき。

posted by 家庭用品修理士隊 at 16:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2018年05月08日

電光掲示板付き自販機

自動販売機は、いろいろあって技術的にもおもしろいです。
飲み物を求める際に、「おっ」と感ずるときがよくあります。
image

電光ニュース付き自販機 (浦和駅前のビル内) 撮影は2017年6月

image

電光掲示板付き自販機は良くありそうで、それほどない。
宣伝費を取れるほどの媒体ではないからか?
この掲示板は通信社の配信をそのまま流しているんでしょうね。
「災害時に緊急用として皆様のお役に立ちます」とあります。

ネットでしらべると、掲示内容を携帯電話で指定できたり、緊急時には無料で提供する機能もあるとか。
善意の人向けにはいろいろサービス的な付加機能が考えられます。
ただ、悪意の人もいるのであんまり教えたくないですね。
隣の缶投入箱が、ロボットに見えるので、ここにAI機能でとか、IOTでとか、考えることは楽しい。





 

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん
最近の記事


にほんブログ村 教育ブログ 技術科教育へ
にほんブログ村

リサイクル ブログランキングへ
タグクラウド
ページトップへ戻る