最近の記事

2019年01月19日

非常用手回し発電ライト〜 充電しない。

image

手回しハンドルが付いたランタン。 充電できないので、使えないといいます。
ハンドルを回した時は点灯するので、故障? と思いましたが、ランタンは置いて使うものなので、充電しないと使えないですね。

とりあえず、年数が経っているのか表面がべたべたしています。
image

ベタベタを取るには、重曹が良いと、Kキャベ市のSさんに教えてもらっていたので、やってみました。
今までは、アルコールで拭いていたのですが、重曹の方が強力な感じ。
臭くなく、手も荒れないのでアルコールより使いやすいです。

これは使えますね。 重曹おそるべし汎用性
image

作業台に置いたら、LEDが弱く点灯しました。
なるほど、上面の太陽電池に照明光があたって、それで発電した分でLEDが発光したわけですね。

image

分解したところ、基板と、発電機の他に充電池が見えます。
3個直列で、3.6V。 よくあるボタンタイプ。

image

充電池があるのに、充電しないということは電池の劣化かと思いました。
けれど、電池のリード線(黒)が切れています。
image

基板側を見ると、電線が切れた部分が腐食しています。
あー 水分などが根元に付着して・・・年月が経って、切れたと。
image

電線側を拡大してみたところ、わずかに素線1本に銅の色が見えます。
これだけでつながっていたわけです。 それが、ついに切れたということですね。


修理はできたので、構造研究

image

発電機構を分解。

プラスティックのギヤ列。グリスまみれですが、きれいな感じです。
ハンドルの動きを拡大(回転数増大)させています。

image

基板はスイッチと、ダイオードだけ。
ダイオードで発電機からの電源を全波整流(ブリッジ)しています。

これにより、ハンドルを時計回り、反時計回りどちらへ回しても充電できるようになります。
image

きれいになって、動作すると愛着がわきます。

posted by 家庭用品修理士隊 at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

2019年01月09日

100円電卓の表示が曇ったので、外したら見やすいです。

image

100円ショップで購入した電卓。
安さにも驚きですが、キーが打ちやすく使いやすい。
ソーラーと電池まで入っています。すごい。

ただ、表示部が汚れて、除光液で拭いたら曇ってしまいました。

どうしよう。今は入手できなくなっています。

image

分解してみましたが、表示部にはたどりつけません。

image

壊れてもしかたない。 表示部にドライバーを指したら、取れそう。
image

表示部の化粧カバー
外すときに割れました。 単に両面テープでついているだけでした。

image

化粧カバーは、厚い(実測1.7mm)ので、汚れていなくても表示をみにくくしていました。

この際、紙で化粧部を作ります。
image

これでとても見やすくなりました。

posted by 家庭用品修理士隊 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田のYさん

修理相談:イタリア製デロンギアイロンの修理

男の子 初めまして。デロンギのサポートの方でアイロンの修理ができないとのことで
どこかできるところを探しております。
Pro160Rと言いますモデルで先日中古のものを手に入れたのですが通電して
ボイラーは加熱できてアイロンのかけ面の方も正常で暖かくなるのですが
スチームが出ずスチームボタンの接触の問題なのかボイラーから本体に繋がっている
ホースの問題なのか分からずでなのですがまだまだ綺麗な状態で捨てるにはもったいないので
修理して使えたらと思っております。
image





墨田のY:
おー これはプロ用のアイロン?
機能美を感じます。
信頼性も高そうに見えます。
image


https://www.delonghi.co.jp/manual/agreement/id/199 説明書を見ると、シンプルな構成のようですね。 1リットルの水を入れて、1時間連続スチーム可能。すごい。 スチームが出ない故障の原因は、ボイラーヒーター、スイッチ、サーモスタット、その他ということでしょう。 故障部分の特定はできるでしょうが、特殊部品が必要な場合には対処不能になります。 送付いただければ検査はできます。 ネットをみますと、プロ用アイロンの修理をされている電気屋さんの記事がありました。


こちらへ相談されるのも良いかと思います。 他サイト紹介:「電気屋さんのひとりごと



>(01/26)プロ用スチームアイロン修理相談その後






posted by 家庭用品修理士隊 at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 修理改造相談
最近の記事


タグクラウド
ページトップへ戻る